« 中華粥その後 | トップページ | 火の用心 »

熱くて寒い夜

 昨日の昼間「今晩はワケあって独身です。だれか一緒に飲みませんか」という、まるで出会い系サイトの書き込みのようなMLが流れてきた。どこの「にわか独身貴族」かと思ったら、顔見知りのお父さん。独身ということばにめっぽう弱くなっている私。心とは裏腹にカラダは正直である。自分でも気づかぬうちに「夫と娘を置いていくので、逢い引き希望」とMLを流していた。

 待ち合わせはやっぱり、薄暗い喫茶店のほうが「それっぽく」ていい。まわりの視線を気にしながら、コーヒーをすすり「じゃ、そろそろ……」などといって、静かに店を出る。そんな後ろめたさを期待していたが、彼が指定してきた待ち合わせ場所は長崎屋の入口。年末大売り出し真っ最中の長崎屋では、そんな淫靡な気分を味わえるはずもなく、淡い期待は打ち砕かれる。

 その後は、居酒屋でひたすらワインを飲み続け「小金井の保育」「小金井の学童」「小金井の子育て」を熱く語りあった。朝の3時までにワイン3本を飲み干し、タクシーでご帰還。ふとんに入りながら「7時間も自称・独身男といたのに、これでいいのか。いいのだ」と自問自答する私であった。

|

« 中華粥その後 | トップページ | 火の用心 »

「酒ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華粥その後 | トップページ | 火の用心 »