« れんげ草 | トップページ | ポジの切り出し中 »

イライラはこれに限る

 今夜は徹夜だ。明日までにリフォーム雑誌の再校チェックと、クルマ雑誌の原稿締切りを終わらせないといけない。仕事が立て込んでいるときは、タバコもコーヒーも激増する。カラダにとって「イクナイ!」のはわかっているが、この2つがないと仕事が進まないのだ。

 そんな折、実家の母経由でおろ抜き大根がやってきた。知り合いの農家(東小金井在住)からもらったという。「おろ抜き」というのは「間引き」という意味で、おろ抜き大根は育てている途中で間引いた大根の葉っぱである。まだ根(いわゆる大根と呼ばれる白い部分)が育っておらず、栄養が葉の部分にギュッと濃縮されているので、大根を食べるよりも、根が育ったあとの大根菜を食べるよりも「おろ抜き大根」はものすごくカラダにいい。

 大根菜はカルシウムもビタミンもたっぷりだから、原稿が進まなくてイライラしたり、ビタミンCが減少するタバコの吸いすぎにはピッタリ。こりゃー、食べるしかないねえ。……というワケで昨夜は「かりかりジャコと豆腐のサラダ」を作った。大根菜とジャコとサクラエビをゴマ油で炒めて、レタスと豆腐の上にどっさり乗せる。あとはプチトマトで彩りを加えれば完成。手作りの和風ドレッシングをかけて、ワシワシと食べた。おいしかった。

 カルシウムもビタミンもたっぷり採った。これで締切りは万全だ。……そう思ったのもつかの間、いまだに原稿は進んでいない。もちろん、再校のチェックもだ。イライラやビタミン不足は解消できても「やる気なし」は解消できなかったようだ。

DSCN0728.JPG
↑カメラマンの夫撮影。少しブレている。「シロウト写真みたいに撮るなよ」と脅したからか?

|

« れんげ草 | トップページ | ポジの切り出し中 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

なんと贅沢なんでしょう。
仕事が詰まっていることでも、
一般では手に入らない大根の葉で
サラダを作ったことでもありません。
プロカメラマンに、それも自分のHPに載せる為に
料理雑誌のような構図も指定し、脅した挙句に
只働き・・・
この世にこれ以上の贅沢と、悲惨な事があるでしょうか・・・

投稿: あっくん | 2004.05.11 07:19

いいのいいの。夫だって私に「書けね〜よ。頼む!」なんていって、メールや手紙、代筆させているもの。

8年間、役員秘書としてバリバリにビジネスメールをかいていたうえ、10年以上もライターとして食べてきた私。こんな私に「おばあちゃん、元気ですか?」なんて手紙をかかせるなんて、贅沢の極み。まあ、脅されたことはないけど(笑)。

投稿: poron | 2004.05.12 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« れんげ草 | トップページ | ポジの切り出し中 »