« 水餃子の思い出 | トップページ | 聞かないで »

ひとめぼれ

 彼に気づいたのは登りエスカレーターに乗っているとき。涼しげな浴衣を着た彼はエスカレーターの横に立っていた。その悲しげな瞳、幸薄そうな唇、憂いのある横顔を見たとたん、私の心はかき乱された。そう、ひとめぼれである。

「彼のもとへ行きたい!」

 どんどん彼との距離が離れて行く。登りエスカレーターを駆け降り、彼のもとへ走って行きたかった。しかし、私の前には夫と娘、後ろには他の客が立っていて身動きがつかない。あらがうことのできない運命を呪いながら、私は夫にこう告げた。

「ねえ。あとで、あの人のところへ行っていい?」

 階下の彼を指差す私に、夫は「ふーん、いいよ」とつぶやく。妻が興味を持った男を値踏みするかのように、チラリと彼を見ながら……。

 約1時間後。夕飯を済ませた私たちは、ようやく彼のもとへ行くことができた。念願の対面である。しかし、彼のかたわらには浴衣を来て微笑む妻と娘、息子が……。私には夫と娘がいる。どんなに望んでもかなわぬ愛。せめて彼のことを忘れないようにと、そっとシャッターを押した。

DSCN1532.JPG

 これが彼。日本人なのかもわからない。
悲しげな瞳にノックダウン。

|

« 水餃子の思い出 | トップページ | 聞かないで »

「バカネタ」カテゴリの記事

コメント

ぷぷぷっ。これ、めちゃくちゃ面白い。
何度もすみません。
いま一つブログというものがよくわかっていないので、
お手本にさせていただいてます。

投稿: ぷれこ | 2004.07.19 02:06

朝から笑かしてもらいました。
悲しげな瞳に外国人離れしたなで肩
ほんのちょっとずれているように見えるカツラ。
流石です…

ふぅ~ん、この手が好きなんですねぇ…

投稿: あっくん | 2004.07.19 11:15

ぷれこさん、あっくん、おはようございます。

ひとめぼれをした彼、気に入っていただけました?
もう、激しく心を奪われたんです、私。
妻と娘、息子がニコニコとしているのに、
彼ったら「あさって」のほうを見ていて、何か悲しげ。
まるで「ああ、オレは幸せなはずなのに、
心のどこかにすきま風が吹いている……」とでも、
いいだけです。立川グランデュオにいるので、
よかったら会いに行ってあげてください。

投稿: poron | 2004.07.19 12:01

遠くを見ている眼が哀愁を感じさせますね。
楽しいはずの夏がなぜか悲しげです。
花火を一緒に観に来た彼女にふられたんでしょうか?
それとも、
人ごみに昔の彼女の姿を見つけたんでしょうか?
何か理由がありそうですね…

投稿: あっくん | 2004.07.20 16:56

あっくん、
彼には奥さんと娘、息子がいるんですよ。
3人は微笑んでいるのに、彼だけが
遠くを見ているんです。
本文にちゃんと書いてありますがな(笑)。

人ごみに昔の彼女を見つけたっていうのは
ありそうですねえ。……って、これだけ
想像力をかき立てられるマネキンも珍しい。

このblogを書いてから
「ああ、家族揃った写真も撮ってくれば
よかった……」と後悔しています。
立川、行ってこようかな〜。

投稿: poron | 2004.07.20 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水餃子の思い出 | トップページ | 聞かないで »