« 開脚熟女恥辱診察乃図 | トップページ | 占い師の本性 »

市役所に漂う屁の香り

DSCN1995.JPG 先日の土曜日、小金井市役所で「のびゆくこどもプラン」の会議があった。本会議ではないので、都合のついた4人の委員と子育て支援課の次長とで、今後のスケジュールやヒアリングについて話し合う。場所は市役所の8階。窓から見える夜景はなかなかのものだ。

 会議を始めて1時間がたったころ。どこからともなく、怪しいにおいが漂ってきた。そう、屁のにおいだ。

 私自身は「自分じゃない」と確信していた。自分でも気づかないほどの意識障害がない限り、ケツの穴がゆるんだ事実はない。

(だれだ?)

 次世代育成支援、事業計画、子どもの権利条約、社会福祉協議会、障害児、登校拒否児童など、こむづかしい話をしつつも、私のアタマのなかは「だれが屁をしたのか」ということでいっぱい。それは会議に出席していた委員たちも同様だったらしい。

「なんか、くさくない?」

 唐突にひとりの委員が問いかける。会議室にうずまく、疑惑の目。なんだか、火曜サスペンス劇場の犯人探しみたいになってきたぞ。

「くさいですね」
「さっきからなのよ」
「廊下までくさい」

 口々に自分の「においっぷり」を語る委員たち。もう、育児支援の話どころじゃない。疑心暗鬼になりながら、みんなでにおいの原因を探していた。クンクンクンクン……。

「わかった! わかったわよ!」

 ひとりの委員が叫ぶ。みんなの心に広がる安堵と不安。誰もが「アナタ、したでしょう」と、いわれないことを祈っている。重苦しい沈黙。

「浅間山よ! 今日、東京まで火山灰が飛んで来たっていうし。硫黄のにおいなのよ!」

 会議が終わって8階から1階へ降りたとたん、においがなくなっていた。どうやら、上空の風に乗って運ばれてきた硫黄のにおいが、会議室の窓から入り込んでいたらしい。ともすれば、委員同士の信頼関係をも損なう恐れのあった「異臭騒ぎ」は、こうして一件落着したのであった。

|

« 開脚熟女恥辱診察乃図 | トップページ | 占い師の本性 »

「バカネタ」カテゴリの記事

「小金井ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あはははは!…と、笑ってもいられませんが、
まじめな場所では困りますね。
なぜか、こうゆう話題に食いついてしまう私。
興味深く、拝読しました。

うちのちびが、その場にいたら
「くさい!おならくさい!」と
連呼していたことでしょう。

お疲れ様でした。(でも、場が和んだんじゃないですか?笑)

投稿: tsuyorin | 2004.09.21 01:11

いくらご迷惑をかけたからといって、おならのせいにまでされたらたまりません。
発生源は是非とも明確にしていただくようお願い申し上げます。
                        
                       浅間山

投稿: あっくん | 2004.09.21 10:38

tsuyorin さんへ

いやぁ、ホントにくさかったですよ。
うちの娘、しょっちゅうオナラをしては
自分で「くさっ!」と叫んで、
ゲラゲラ笑っています。30分ぐらい。

子どもって、どうして「オナラ」が好きなんでしょうね?


あっくんへ

わはははは。笑ったよ、笑った。
しばらくオナラのいいわけは、浅間山で決定だね。
これで会議中のオナラも安心。

投稿: poron | 2004.09.22 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開脚熟女恥辱診察乃図 | トップページ | 占い師の本性 »