« 続・警察庁の思い出 | トップページ | トイレの張り紙 »

複雑な気分の空の旅

DSCN2395.JPG DSCN2415.JPG

DSCN2404.JPG DSCN2403.JPG

 先日の日曜日、昭和記念公園で熱気球の体験搭乗をしてきた。以前、公園のwebサイトで参加募集していたのを見つけ、応募していたのだ。もともと土曜の予定だったが、風のため翌日に延期。結局、2日間も公園へ通ってようやく乗ることができた。

 気球は2基で80組が順番に乗る。係留されているので、30mの高さまで上がるだけだが迫力満点。アタマの上ではバーナーがゴーゴーと音をたてているし、下を見ればケツがキュッとなる。おそろしくも、気持ちがいい。

 気球からは公園はもとより、立川市街まで見渡せた。ふと公園の隣を見ると、陸上自衛隊立川駐屯地や広域防災基地が見える。基地からはいくつものヘリが北へ向けて飛び立っていった。たぶん、新潟への救助支援か物資輸送だろう。被害にあった人たちや、救助にあたる人たちを思い、なんとも複雑な気分の空の旅となった。

|

« 続・警察庁の思い出 | トップページ | トイレの張り紙 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

あ……いいなぁ。気球、乗ってみたい。

投稿: ぷれこ | 2004.10.26 23:28

■ぷれこさんへ

気持ちよかったですよ〜。でも、コワイ(笑)。
夫だけが2度目に乗った気球は、風に揺れて
スタッフ一同「ヤバい、ヤバい」と大騒ぎ。
それを聞いた瞬間
「もっと保険をかけておけばよかった」と
思った私は鬼嫁。うふふふ。

投稿: poron | 2004.10.27 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・警察庁の思い出 | トップページ | トイレの張り紙 »