« 口を出すなら手も出せ | トップページ | 検尿マイスター »

正しい検尿スタイル

 光が丘保健センターのトイレで見つけた張り紙は、検尿を促すものだった(参照/トイレの張り紙)。いままで検尿カップで股間をフタして、尿が出た瞬間から採取していたワタシにとって「途中の尿をコップ1cmほどお取りください」という指令は意外だった。

    最初からじゃ、ダメなのか。
    これが正しい検尿スタイルなのか。

 洗面台に大量に積み上げられた検尿カップを横目に、そんなことを思う。今度からは途中の尿を取ることにしよう。固い決意だ。

 トイレを出るとすぐ隣の男子トイレから奇妙な音が聞こえた。入口から覗き込むと、スーツ姿の男が洗面台で何やらしている。

ガラガラガラガラ〜ッ、クエ〜〜ップ!

 検尿カップで「うがい」する男。
 光が丘保健センター。それは迷宮。

|

« 口を出すなら手も出せ | トップページ | 検尿マイスター »

「下ネタ」カテゴリの記事

コメント

股間にフタって……、ライターさんならではの超具体的かつ状況説明文章力、脱帽。
でもね、途中の尿を採取するのが最適!と、母(元看護婦)が言っていました。
なぜなら、最初っからだと、ほら……あの……え〜、出口近くでぇ、雑菌とかそんないろいろあるじゃない。だから、膀胱中のホントの尿を採取するのが良いのですって!
因みに、生理中だと……あの、ほら、いろいろ混ざっちゃって「蛋白尿」と判断されます。腎臓疾患を疑われます。

投稿: さり | 2004.10.27 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口を出すなら手も出せ | トップページ | 検尿マイスター »