« ウンコの輪、広がる | トップページ | 張り紙に見る神の声 »

オンナとはおそろしきもの

 弟は8年もの間、ひとりの女の子と付き合っていた。たぶん、あの子が「初めてのオンナ」だったのだろう。彼女が我が家へ遊びに来たり、弟が彼女の家でごちそうになるなど、親公認のいい交際を続けていた。付き合い始めて数年後には、親も交えた食事会を行ない「婚約」も果たした。

 なのに、私は何年たっても彼女が好きになれなかった。甘ったるいしゃべりかた、弟への媚びた態度、私たちへ向ける笑っていない目。自他ともに認める「うさん臭い人間をさぐり出すレーダー」が、要注意マークを点滅しているのだ。でも、私はこのことを誰にも話したことはなかった。なぜなら、単なる小姑のたわごと、と思われるからだ。小さなことが、いくつも積み重なって点滅する要注意マーク。それでも私は「弟がシアワセならいい」と思っていたのだが……。

 ある日のこと。彼女は弟に電話をかけ「もう、別れたい。電話もしないで」とだけ告げた。突然の話にパニックになった弟は彼女に何度も電話をかけたが、電話には出ない。数日後、彼女はわざわざ母の勤務先へ電話をしてきて「ストーカーのように電話されて困っている。いただいたものもすべて送るので渡してほしい」と訴えた。

 宅急便で届いた段ボールには、弟からのプレゼント、貸したマンガ本に加え、父や母が旅行で買ってきたおみやげまで入っていた。しかし、母が婚約指輪にと買った指輪と、ブランド物のバッグだけは入っていなかった。

 男友だちと飲みに行き、酔った勢いで寝た。そして、忘れられなくなった。後日、知った事実である。婚約をしていながら他の男と寝て、一方的に別れを伝え、ストーカー扱いまでしたオンナ。相手の両親からは詫びの電話すらない。弟は自殺でもしかねないほど、憔悴しきっていた。そんな彼を心配しながら、私と母はふたりでこういい合った。

「8年間、タダでやらせてもらったと思えば気も晴れるわ」

 我ながら思う。オンナとはおそろしい生き物である。

|

« ウンコの輪、広がる | トップページ | 張り紙に見る神の声 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

恐ろしい!
実に恐ろしい話です。
しかしながら、契約して手付け払って勝手に解約され
手付けも戻ってこなかったが、とんでもない代物だった事が
わかって良かったですね。

投稿: あっくん | 2004.10.30 18:07

おおおお…怖っ!!怖っ!!

でも、一番怖いのは、
それが少数派でもないってことかも知れないですね~。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

投稿: tsuyorin | 2004.10.30 19:42

お初です。いつも楽しく拝見しています。恐いですね。
女って。。。一年前我が家にも、そんな女がおりよった、
結婚して一年旦那が大怪我をして入院してまもなく、
労災から出たお金や、保険から出たお金、あげくには、
カードまで、、、昼間は見舞い付き添い夜には、
ホスト通い、退院のその朝何処かへ、、、おりよった、
そんな女が、、おりよった、二人には、子供が居なくて
良かったわ、そうそう、甘ったるい話し方に媚びる
態度、共通点あるわね。

投稿: マリリン | 2004.10.30 23:58

あっくん

くれぐれもお気をつけてください。
どんなに優しそうな女であっても、
心に魔物が住んでいます。わはは。

tsuyorinさん

弟の元彼女もコワイけれど、母と私はもっとコワイ。
しかも、弟の知らぬところで母娘が一緒に
「タダマンうんぬん」の話をしているんですからね。
でも、そうでもいわないと、やりきれなかったんですよ。

マリリンさん

はじめまして! コメントありがとうございます。
昼間は見舞い付き添い夜には、
ホスト通い、退院のその朝何処かへ……って、
なんとおそろしい話なんでしょう。
金がなくなったとたん、用ナシですか。コワイ。
そもそも、甘ったるい話し方をするオンナに
ロクなのはいません(キッパリ)。

投稿: poron | 2004.10.31 01:43

poronさん、気の毒すぎて言葉もありません(号泣)
でも、弟さんのその憔悴は、弟さんが誠実であった証拠です。
きっといまどこかにいる本当の弟さんのパートナーに出会えることで、素敵な人生を歩めるのだと思いたいです。
というか、必ずそうであると信じます。
というか、必ずそうであると祈ります。

弟さん、姉のレーダーはスゴイです。
弟を思えばこそですね。人生、素敵なこともあります。顔を上げて、お陽さまの光を浴びましょう!

投稿: さり | 2004.10.31 12:29

初めてお邪魔して、初めて書き込みます。

いやぁ、本当に恐ろしいですわねぇ。
もっと恐ろしいのは、
それを誰もがやりかねんとこなんですが。

オンナとは、明日にでも天変地異が起こって、
政権が転覆して、価値観が崩壊したとしても、
しぶとく生き残る。そんな生き物なんでしょうね。

それにしても、その弟さん、
もしご家族の方がおられなかったら、立ち直っていらっしゃらないでしょうねぇ。
心中お察しします。

投稿: | 2004.11.01 01:29

あ、投稿者名が抜けてましたね。スイマセン。
カスリキズというものです。 (↓の記事)

投稿: カスリキズ | 2004.11.01 01:31

さりさんへ

弟の憔悴ぶりは尋常じゃなかったですね。
弟は彼女とふたりでお金を出し合って買った
クルマに乗っていたんですが、母は
「あの女の念がこもっていそうなクルマに乗っていたら、
事故に合う。さっさと売ってしまえ」といい、
貯金から降ろした札束を渡し、新しいクルマを買わせました。
うちの家族はいまだに前のクルマと同じ車種を見ると、
塩をまきたくなります。

投稿: poron | 2004.11.01 09:24

カスリキズさんへ

コメントありがとうございます。
いいハンドルですねえ。こういった話題にコメントを
つけてくださった方が「カスリキズ」さんだなんて、
まさにこの記事にして、このハンドルあり、と
いったところでしょうか(笑)。

いや、本当によくよく考えてみれば結婚前だったから
「深い痛手」とか「致命傷」にならなかったんですよね。
別れてもう3年ほどたちましたが、弟はすっかり元気です。

投稿: poron | 2004.11.01 09:30

はじめまして!
女ってホントに怖いと最近感じたので書かせてください。

自分がちと失恋をしてへこんでいる時に
会社内で自分の事を凄くよく言ってくれる女性がいて
2人で遊んでいた時に告白され付き合うことになりました。

しかし1週間くらいで「あなたとは恋愛の感覚が違う」と言われ分かれることになりました。

それだけでも早すぎ!?と思いすこしむかついたのですが
後から聞いた話では、会社内に他に好きな人がいて
その人と仲良くなるための練習台にされたみたいなのです。

もう 女の人怖い・・・
人を好きになることも怖いです・・・

投稿: あおきん | 2004.11.02 12:50

あおきんさんへ

お気の毒でした。練習台なんてヒドイ!
そういう女は天罰が下りますね。きっと。

身近にもうひとり、ヤバい女がいたことを思い出しました。
くわしくは近々、blogに書きますが、
やはり、あおきんさん同様、
「別に好きな人がいたんだけどぉ」といって、
男の純粋な気持ちをもて遊んだ女です。
密かに天罰がくだれ、と祈っていたのですが、
思いがけないエピローグを迎えました。
(最悪の結末はお楽しみに)

投稿: poron | 2004.11.02 17:15

ボクがporonさんの弟さんだったら、きっとホッとしてるなあ。
8年も付き合っていればお姉さんの言う通り飽きるほど・・・、てか飽きていると思う。 その使い古しを誰かがまた欲しいなら、ノシをつけてあげてもいいぐらい。(笑) うまい別れ方です。 弟さんに「その道の達人」賞をあげましょう。

まあ、これを男と女を逆にしても、よくあることで・・・

投稿: りょうた | 2004.11.02 20:32

りょうたさんへ

そうですねえ。
そう考えれば、つらさ半減よろこび倍増。
まあ、別れ話のときに
「酔った勢いで寝た男がアンタよりも上手だったのよ」と
いわれなかったことが、救いかもしれません。

投稿: poron | 2004.11.03 02:02

レスどうもありがとうございます。

正直こんなにも女の人が恐ろしいものだとは思いませんでした。
俺の気持ちなんて何にも考えてないのでしょうね・・・

その"ヤバい女"の話、詳しく聞きたいです。
是非よろしくお願いいたします。

投稿: あおきん | 2004.11.03 17:25

あおきんさんへ

リクエストにお答えして、続編をかきました。
ものすごく切羽詰まって仕事をしていたので、
blogをかいて現実逃避。今晩は徹夜になりそうです。

投稿: poron | 2004.11.04 15:44

何気に一番酷いのは
「8年間、タダでやらせてもらったと思えば気も晴れるわ」
の一言かもしれん。
そんな奴と8年間タダマンしたと思うと、逆に...

投稿: _ | 2004.11.04 16:09

「8年間、タダでやらせてもらったと思えば気も晴れるわ」
確かに筆者のこの一言にすべてが集約されている気がしますね。
8年間、「彼氏がやらせてもらってるだけのセックス」だったのかもしれないと。
彼女は満足したことがなかったのかもな。
だったらよく我慢したよ。
セックスが全てではないがされどセックス。結婚したら一生パートナーとしかセックスは出来ないわけで(一応)、ならしょうがないかもしれんね。
相性が合わなかったという事で。

投稿: あっつー | 2004.11.04 21:07

_ さんへ

彼女が聞いたら「そんな奴に……」と思うでしょうね。
オンナなんて、どっちもどっち。おそろしいもんですよ。

あっつーさんへ

セックスの相性が理由なのかもしれませんね。
セックスの満足を求める人は、婚約や結婚をきめる前に
男を渡り歩いて試すといいと思います。

投稿: poron | 2004.11.04 21:48

「タダマンうんぬん」とでも思わなければ、やっていられなかったお母さまとporonさんのお気持ち、ご察ししますよ……さりは。
わたしは、セックスとは大切なものだと思っております。本当に好きな人と、そして本当に自分を好きでいてくれる人と、愛しい時間を共有するものなのだと思っています。
もちろん、自分を省みると必ずそうであったといいきれません。
だからこそ、そうであって欲しいのです。
それが、「単なる生殖行動」と異なる「人の心」のある部分だと信じるからです。
弟さんの場合、少なくとも弟さんは、その(結果的に酷い)彼女を本当に好きだったのです。
だから、それでいいんです。
そう思いたいです。

投稿: さり | 2004.11.05 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウンコの輪、広がる | トップページ | 張り紙に見る神の声 »