« 股間のシミ | トップページ | キャバクラでの在り方 »

因果応報

 昨日の朝方、カウンタがいきなりまわりはじめたので「おや?」と思いつつも、書籍の打ち合わせへ。版元で整体の先生が行なったセミナーのビデオを見ながら、ページ構成を話し合う。ズリ落ちるジャージを何度も引き上げる、先生の仕草が気になって、整体ポーズの話どころじゃない。同席した編集者に「ウエストのゴム、何とかならないんでしょうか」と突っ込むと「先生いわく、この体操をやると骨盤のゆがみが治るんで、ウエストがゆるくなるらしいですよ」という。でも体操を始める前からなんですけど。絶対に、ゴムが伸びているとしか思えない。

 そんな、緻密な打ち合わせをやったせいか、帰宅後はぐったり。夕食後には起きていることすら困難で、夫と娘に「ごめんよ〜、ごめんよ〜」と謝りつつ、9時に就寝。朝7時まで熟睡した。

 さわやかな目覚めとともに、blogをのぞく。カウンターは昨夜のアクセスが310、本日すでに80、であった。解析を見ると「オンナとはおそろしきもの」の記事が、あちこちで紹介されているらしい。「loveless zero」のニュースメモのリンクがキッカケに、「はてなダイアリー - ■■■コロの関心事■■■」「はてなダイアリー - prepre日記」「ネタサイド: 今年も残りわずか。」など。もはや、ネタ元がどこだかわからなくなっているが(笑)。

 不憫な弟を見守る、優しくもおそろしい姉としては、バカ女の悪行ぶりが話題になるだけで、心が晴れる。さぞ、ちまたの男性たちを震撼させたことだろう。元彼女がなんらかの形で、この記事を目にするかもしれないし。そういった意味でも、さわやかな目覚めになった今朝。いい日になりそうである。

因果応報、とはこのことである。

|

« 股間のシミ | トップページ | キャバクラでの在り方 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

さてもさても「げにおそろしきはオンナなり」ですな。けど、そういう奴って男女関係ない気もします。
その後、弟さんがお元気でいらっしゃると知って、とっても安心したさりでございます。
世の中の心当たりのある「オンナ」「オトコ」ども!
切り傷や打ち身は治るが、治らん傷もあるのじゃ!
そして、治らん傷を負ったものとその周囲の怨念は深いのじゃ! いつかどこかで天誅が下るのよん。
毎度登場する元看護婦母は言います「人生、何事も時薬(ときぐすり)=時間が癒してくれるもの」と。
心の晴れた爽やかな目覚め……優しい姉・poronさん、ようございました。

投稿: さり | 2004.11.02 10:11

さりさんへ

そう、そうです。怨念は深い。
本来ならば「自業自得」とすべきタイトルを
わざわざ因果応報にしたのは、
「現世で買った怨みは、来世に影響するぞ」という、
いわば一種の呪い。
相手がまだ現世で生きていようが、関係ないわけで。

投稿: poron | 2004.11.02 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 股間のシミ | トップページ | キャバクラでの在り方 »