« ホリエモン、火消しに躍起 | トップページ | 著作権問題がココログに飛び火? »

股間ふたたび

 400カット、60ページ分のコンテ作りが終了した。編プロの社長から「月曜までに何とか届けてください」というメールが来たのが9日。思えば血のにじむような6日間だった。徹夜明けの朝9時、完成と同時に100枚近くもの資料とコンテをプリントし、夫に届けさせた。しかし、しかしである。事務所に社長の姿はなく、聞けば「本日、出張で留守にしています」とのこと。

 ……忘れられたのか、私。ガックリもいいところだ。

 徹夜明けの疲労とともに、6日間棚上げにしてきたことを振り返ってみる。忙しさに気づかなかったが、自分の身体のあちこちが痛んでいることにも気づいた。肩こり、頭痛、腰痛、眼精疲労。そして、股間の痛み。

 また、股である。9月にエントリした「はれた下腹部」「開脚熟女恥辱診察乃図」と同じように、足の付け根が腫れているのだ。しかも、前回が左股だったのに対し、今回は右股。なにも、シンメトリーで腫れる必要はなかろうに……。

 仕方がないのでまた皮膚科を受診。先生はパンツを下げた私の股を見て「うわああっ! これは痛そうだ!」と感激していた。「何が原因なんですか?」「よりになってこんなところに」とぼやく私に、先生は「体質なんだろうねえ」といいながら、抗生剤を処方してくれた。股間が腫れやすい体質なのか。自慢にもなりゃしねえ。お礼をいって診察室を出ようとしたとき、先生は思い出したようにこう、つぶやいた。

「毛穴が多いうえに、ムレやすい場所だからね」

 ムレているんだそうですよ。私の股間。

|

« ホリエモン、火消しに躍起 | トップページ | 著作権問題がココログに飛び火? »

「下ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホリエモン、火消しに躍起 | トップページ | 著作権問題がココログに飛び火? »