« キャバクラでの在り方 | トップページ | 編集作業の裏事情 »

続・オンナとはおそろしきもの

 10/30にエントリした「オンナとはおそろしきもの」があちこちで紹介されて以来、カウンタがまわりっぱなし。いろいろなコメントをいただいたが、あおきんさんの話は涙なしでは読めない。彼のコメントを読んであることを思い出した。やはり、男をもて遊んだオンナだ。

 そのオンナは親にナイショで同棲をしていた。気の強い彼女とは対象的で、彼氏はおとなしくておっとりタイプ。1年ほど同棲しただろうか。彼女はある日、実家を訪れ「○月に結婚するから」と宣言した。突然の話に驚いた両親だったが、娘のシアワセのためだ。先方に連絡を取り、大急ぎで婚約の段取りを整えた。

 婚約の日。彼女は振袖を着て、うれしそうに式場へ現れた。身内だけのささやかな宴席ではあったが、無事に婚約も果たし、後は挙式を待つだけ。職場への報告や式の準備、新居探し、家具選びなど、ふたりとも忙しい毎日を送っていた。しかし、式を間近に控えたある日のこと。彼女は実家を訪れて、こういいだした。

「私、結婚しない。どうしてもイヤ」

 両親が理由を聞いても、黙っているだけ。両親も親戚も「単なるマリッジブルーだろう」と考えていたが、彼女は同棲中のアパートから荷物をまとめ、実家に戻ってきてしまった。あわてた両親は婚約者と連絡を取り、事情を聞いてみる。

「ある日突然、結婚しない。別れたいといい出し、出て行ってしまった……」

 両親同様、彼もワケがわからず、途方に暮れていた。後日、結婚は破談となった。彼女の両親は先方へ行き、土下座をして謝ったという。

 そして、2年後。彼女はまた突然、実家を訪れ「結婚するから」といいだした。前のことを考えると、娘のことばを信頼できない両親は聞く。どんな人なのか、本当に結婚するのかと。彼女の話はこうだった。

「自分には昔から好きな男がいた。でも、その人には恋人がいた。彼のことを忘れるために元婚約者と付き合い、結婚するつもりでいた。でも、結婚式の直前にその人と再会し、彼女と別れたと知った。そこで、結婚式を破談にし、すぐさま彼と付き合い出した。そして、ようやく結婚することになった」

 彼女はめでたく「昔から好きだった人」と結婚した。しかし、これを「運命の赤い糸」「結ばれる運命」で片付けてもいいのか。自分勝手なオンナに振りまわされた男たちは、泣き寝入りするしかないのだろうか。

|

« キャバクラでの在り方 | トップページ | 編集作業の裏事情 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

続・を読んで、思い出しました。遙かむかしですが...
親友とおぼしき人でした。何かといろんな相談に乗ったりしたりと、長いつきあいの友だった。が、相談する相手では無いと気付かされるまで、時間が経ちすぎた。私が付き合っていた彼氏を自分のものにして、ゴールまで行ったのならばまだ、
許そう。別れた後に、「大した男では無かった。」と、言い放ち
不倫ののち相手をバツイチにして、交際しているにも関わらず、親が進めるお見合いをして、結婚の招待状まで出して
破談。出来るんだ、そんなこと、往生際の悪いオンナ。
こうなる前に、なんとかならないのかい...
結局バツイチにした相手と結婚して子供は二人、それから離婚
はたまた、子連れ同士の再婚、今は相手の子供を
追い出し我が子と再婚相手との暮らしを続行中。
オンナとはおそろしきものです。

投稿: マリリン | 2004.11.05 11:17

いつのまにか「うんこ屋敷」から恐怖の「オンナの館」に変わってしまい、怖くて怖くて…
現実にあった話は迫力が違いますねぇ。
おおコワッ!

投稿: あっくん | 2004.11.05 11:29

続!ありがとうございます。
涙なくして・・・自分はもうこれで枯れました。

なんというか想像以上にヤバイですね・・・
まだ1週間だった自分はマシなのかもしれません。

はっきりいって自分は泣き寝入りです。
本人に言うのはいつでもできるのですが会社内であり、職場の雰囲気が悪くなってしまうのだけは避けなければいけないからです。
どうも向こうはそんなこと何も考えてないようですが・・・

実はまだ色々あるのですが書いているとイライラして自分に腹が立ち、悔しくなってしまうので今日はこのぐらいで・・・

投稿: あおきん | 2004.11.05 14:31

何度か来ましたが、どうしてもコメントできませんでした。でも、クリックはしましたよ。

あおきんさん、「泣き寝入り」ほど悔しいものはありませんよね。でも、自分を穢さないように、優しい気持ちをなくさないように、生きていかれることをお祈りします。あなたはきっと優しい、素敵な人なのです!さりにはわかります。

投稿: さり | 2004.11.06 09:17

■マリリンさん

恋に生きるオンナ、といってしまえば、
それまでですが、人の不幸の上に成り立つ恋はいやですね。

■あっくん

またのご来館をお待ちしています。

■あおきんさん

自分を振ったオンナが目の前にいるのは、辛いでしょうね。
もっともっといい人と付き合って、
イチャイチャっぷりを見せびらかしてやりましょう。

■さりさん

クリックは気がむいたときでいいですよ。
私はこの話を知ったとき、ご両親(元彼も彼女両方の)が
かわいそう、って思いました。
「向こうのご両親がご挨拶にいらして、桜茶を出したの」と
彼女のおかあさんが、うれしそうにいっていたから。
それなのに、自分の娘のわがままで破談。
まあ、離婚されるよりはマシでしょうが、
婚約に大喜びだったぶん、辛そうでした。

投稿: poron | 2004.11.06 09:38

さりさん>
ありがとうございます(つд`)
そんな嬉しいこと言われたら泣けますがな・・・

今普通でいられるのはそのことを相談することができた
友達がいたことですかね。

poronさん>
もう一生男だまして生きてろって感じです。
自分は絶対に幸せになってやりますよ!!

投稿: あおきん | 2004.11.08 13:04

>あおきんさん
そういうことを相談できる友達がいるってことだけで、ほら!もうあおきんさんは「素敵な人」じゃないですか! ね?
あおきんさんは「素敵な人」なんですっ!
根拠なく言い切っちゃう……けど、根拠のない絶対の自信があるんですっっっっ!!!
幸せになりましょう!
>poronさん
どういうわけか、ここであおきんさんとの会話となっております。すみませんね。

投稿: さり | 2004.11.09 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャバクラでの在り方 | トップページ | 編集作業の裏事情 »