« 空を舞う黒い影 | トップページ | 年賀状の功罪 »

御礼参り

 いまさらだが初詣の話。元旦早々、地元の神社へ初詣に行った弟から「アネキさ、今日はよしたほうがいいよ」と電話が来た。大晦日に降った雪のせいで境内がぬかるんでいるうえに、例年以上の人出で狭い境内に並びきれず、神社を取り囲むように1キロ近くも行列しているという。

「行列のいちばん後ろに警備員がいてさ、どのくらいかかる?って聞いたら1時間半待ちだってよ」と弟。ディズニーランドか、そこは。

 弟の偵察のおかげで、私は翌2日にお参りすることにした。混雑はやや納まったものの、境内には10メートルほどの行列ができている。昨年、母のガン手術で拝みに来て以来だったので、お礼参りも兼ねての初詣だ。行列に加わり、ジリジリと進んでいき、30分後にようやく賽銭箱の前に立つことができた。

 さぁ、拝まないと。母の手術が無事に終わったことへの感謝、みんなが健康でいられるように。あ、それから仕事もうまくいくといいなぁ…。いや、欲深いのはイカン。家族が健康でいられればいいや。

 そんなことを思いつつ、財布を開くと小銭入れのなかには10円1枚、5円1枚、1円3枚……。あああああっ! いちばん大きい硬貨が10円! いまさら列を抜けて千円札を崩すわけにもいかず、さりとて千円札を投げ入れる度胸はない。仕方ないので隣に並んでいる夫に「小銭ない?」と聞くと、あわてて財布を空け「わあ! 10円しかねえ」とひとこと。結局、娘は5円玉1枚、夫と私は10円ずつの賽銭をし「これが我が家の精一杯です」と拝んできた。なんて、シケた一家なんだ。神さま、ごめんなさい。

|

« 空を舞う黒い影 | トップページ | 年賀状の功罪 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、お心で結構です。
お札だとまず鑑定しないといけないので、小銭のほうが手間が省けます。

投稿: 神様 | 2005.01.07 12:00

すごい。神様からのコメントがある。

あぁまた今年も初詣に行かずじまい。
細木数子が、7日までには行けばいいです。ような事を言っていた気がする。もう 7日ですよ、今日は。
それに、欲深きはいけないとも言っていました。きっと、poronさんのご家族は今年も健康で過ごせることでしょう ^^;

投稿: NightBirds | 2005.01.07 17:49

■神様

わざわざ降臨ありがとうございます(笑)。
こんなこと書くのは、○っくんだけですね。
間違っても万札は賽銭しませんので、
ご安心を。

■NightBirdsさん

まさか細木数子信者なのですか!?
あんなババアのいうことを信じちゃいけません。
でも、欲深いのはやっぱりダメなんでしょうね。
うちは10円なりの幸せだけ期待しようっと。

投稿: poron | 2005.01.08 03:09

も、もちろん細木数子信者なんかじゃないですよ~。
信じてなんか…なんか…いま・・・・す、いや、せん!(おい)

(話題を変えて (^_^;A)
poron さんちの水槽画像、期待してまーす ^^;

投稿: NightBirds | 2005.01.08 09:17

タイトルを見た瞬間、とっさに別の意味の『御礼参り』を想像してしまったわたし、過去が知れます。
反省……。
お賽銭の多寡ではありませんよね。
娘さんが五円玉を奉じられたなら、娘さん経由でいろんな御縁があるでしょう(予言)

投稿: さり | 2005.01.08 10:38

↑私も「姉貴」と言う言葉に姐さんのほうを想像しました。すみません。
初詣、今年も行きました。旦那のジジババと一緒に兄一家含めて一族郎党10人引き連れて浅草へ。私は5円玉が無くて10円もあげてしまった。ケチで言ってるのではなく、昔からお賽銭は5円(ご縁がありますようにをもじって)と聞いていたぞ!!内心は5円で良かったと思っているが。でも、息子や甥っ子たちの発言を聞いていると近い将来初詣は消滅しそうだ。「寒い中、なに祈るんだよー。」「神なんかいねーよ。」以上、抜粋…(><)

投稿: みっちー | 2005.01.08 18:55

■NightBirdsさん

もしかして、ああいう「我の強い女性」が
お好みなんでしょうか(笑)。
水槽ネタはそのうちアップしますね。

■さりさん

過去バレ、ですね。
木刀とかヌンチャク持参で集合でしょうか。

■みっちーさん

5円でいいのか〜。ちょっと安堵。
実は賽銭箱の入り口に千円札がひっかかっていて、
それを見て、ものすごい後悔したんですよ。
こっちは10円かよ、と。

投稿: poron | 2005.01.09 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空を舞う黒い影 | トップページ | 年賀状の功罪 »