« さ、さぶっ! | トップページ | 悪魔が来たりてプヒー! »

ココログブックスの波紋

※記事アップ後、リンクを増やしたり、いくつかの修正を行なっています。

 1/23の記事「ココログブックスへの苦言」では、ノミネートも受賞もしていない部外者なりのツッコミを入れたのだが、ここ数日の間にココログブックスがらみの記事が続々とアップされ、ジワジワと盛り上がり(いや、ある意味盛り下がりか)を見せている。

 いわゆる部外者の私が、Blog界の隅っこでキャンキャンと鳴いているうちはいい。しかしながら、ノミネート作品のBloggerたちが、あれだけニフ批判を始めたのだから、いまごろココログスタッフはアタマを抱えているに違いない。しかも、今回の件をキッカケに休止とか閉鎖、というBlogも出始めている。ココログを盛り上げるつもりのコンテストだったはずが、逆に超人気Blogから見放されてしまう、という事態。まさに裏目に出たという感じだ。

 私自身は「出来レースはイカン」とは思っていない。また、受賞者を批判するつもりもない。雑誌の仕事でも「根まわし仕込みやらせ」はたくさんあって、ライターとしてそれらに関わることも多いし、出来レース的なことは世間のあちこちに存在する。ただ、今回のコンテストは「バレバレじゃん」というのがダメだったわけで、ニフティには「もっとうまくやれんのか」といいたかったのだ。受賞者にイラストを書かせたコンテンツは、大賞発表後にアップしていれば、問題にならなかったし、こんな騒ぎになって受賞者だって迷惑だろう。パーティの段取りの悪さといい、配慮の足りなさといい、ニフティ側の「本にしてあげる」「仕事させてあげる」「交通費出してあげる」「審査員の講評も教えてあげる」といった、どこか見下した雰囲気が気に入らないのである。

 そんなに「売れそうな本」を作りたいのならコンテストなんてやらずに、自分たちでココログを探して水面下で出版交渉すればいい。さっさと発売して、それこそ「ココログから作家が誕生!」と宣伝すればいいのだ。もしくは「自費出版コーナー」でも作って「アナタのBlogを1冊の本にしませんか」と営業する。でもって、ネット販売して売れるようなら書店流通に乗せればいい。

ここで、ちょっと時系列的まとめ。

●9/24〜11/7
ココログブックスコンテストの応募期間。当初締め切りは10月末までだったが「大好評につき、11/7まで延長しました!」と告知される。応募は自薦他薦問わず(2/2訂正)。応募総数は1081件。

●11/4ごろ
「ココログ通信 第1回アフェリエイト特集」をアップ。フクダカヨさんがイラストを担当。

●12/3
「ココログブックスコンテストの受賞パーティ」と銘打って、パーティ参加の募集をかける。

●12/9ごろ
「ココログ通信 第2回ココログでザイン特集」をアップ。フクダカヨさんがイラストを担当。

●12/13
コンテストの「ノミネートされた14作品が発表」される。

●12/28
コンテストに「読者賞」が設けられる。

●1/22
パーティにてココログブックスコンテストの「受賞作」発表。

●1/23
「ココログブックスへの苦言」でケチをつける。同時にあちこちのBlogでもコンテストや新年会の段取りの悪さに批判が続々。

 その内容はこんな感じ。

・受賞作がコンテスト中にココログの仕事を請け負っていた。
・受賞作は前々から決まっていたらしい、といううわさ。
・受賞パーティ(新年会)はノミネートされた人も交通費自腹。
・出席をしぶっていると「交通費出しましょうか」と提案。
・パーティでBloggerの交流が出来ず。
・受賞者しか壇上に上がらせてもらえなかった。
・落選者は名前すら呼ばれない。

李下に冠を整さず(ささらほうさら)

社長へのトラックバックは社員の反応が早い?!ココログ新年会に出席させて頂きました。(海外鉄道旅行愛好者)

出来レース?ココログブックスコンテスト(nature Day)

「ココログブックスコンテスト」悪徳流総括(悪徳不動産屋の独り言)

ココログ新年会のウラ話(専業主婦の逆襲)

ココログ新年会のウラ話+プラス(専業主婦の逆襲)

ブログコンテストに絡む思惑 (小林Scrap Book)

ブログコンテスト、というもの(Kakoの手文庫)

●2/1
ノミネート作品の管理人さんへ「審査員からの講評、アドバイス」がメールにて届く。えらそうな文面にみなさん怒り爆発(失笑、ともいう)。

niftyから講評が・・・(号外)(悪徳不動産屋の独り言)

@niftyからの返事(専業主婦の逆襲)

拝啓 ココログブックス事務局様(ほったいもいじるな)

なんと。(場所の記憶=なまけ日和のたまさんの別Blog)

体験的ココログブックスコンテスト私見(なまけセラピー=なまけ日和のたまさんの別Blog)

●2/2

ココログブックスニュースで受賞作品の講評を発表。


 裏目、裏目という感じですな。ニフティ。ノミネート14作品のうち「悪徳不動産屋の独り言」と「なまけ日和」は休止を宣言。どうする? ココログ。

|

« さ、さぶっ! | トップページ | 悪魔が来たりてプヒー! »

「Blogネタ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、「悪徳」です。

非常に分かりやすくまとめて頂いて大感謝です。
トラックバックも有り難うございます。
一点だけ、訂正をお願いしたいのですが。

コンテスト参加者は「自薦他薦を問わず」でありまして、私の場合も「他薦」でありました。ある日、「あれ、申し込んでないんだけど」、という感じでしたね。でも、どのみち、参加してしまえば同じことですけど(*^^)v

よろしくお願いします。

投稿: poohpapa | 2005.02.02 07:11

■poohpapaさん

さっそく訂正いたしました。
自薦だけとばかり思っていました。
大変失礼いたしました。

投稿: poron | 2005.02.02 09:21

おおっ☆大変丁寧で分かりやすい記事で
感服した「専業主婦のニシオ」だす。

ニフは盛り上げて煽りたんじゃなかろーか?
話題性作りって事では成功してるじゃん。(大爆笑)ただ…

成長企業でも、さすがにある瞬間は下降線に入る時期があり
ソコから脱出して上昇するには今まで犠牲にしてきた
『人材教育』に力を入れて
社員1人1人に高いレベルで顧客サービスについてを考えさせて
実行させるよーに持ってかんとアカン
が、ソレは相当難しい事らしー。

ニフには今、チャンスが来てるんだろーが…
最優先課題を放置して、企業イメージ傷付けてまでってのは
どーなんだろーとニシオは思う。

投稿: ニシオ | 2005.02.02 10:53

こんにちは。
あれからもノミネートされた方々のブログを巡回して、ニフ批判のエントリを拝見しながら次々と明らかになるニフの後手後手の対応に、(対応にもなってないのか)
ガクッ ガクッ ガクッ☆となってました。(汗
Yahooブログが本格的に始動した時のココログユーザーの出方が気になります。にやり!

投稿: fumi_o | 2005.02.02 12:02

poronさん、TBありがとうございました。
これはやっぱり「盛り上がっている」んでしょうかねえ。

なんにせよ、@niftyは読みが甘かったということだと思います。今はただ大賞を受賞された方が気の毒で・・・。矛先がそちらに向かわないよう、@niftyは自分が泥をかぶっても事態の収拾にあたるべきなんじゃないでしょうか?

投稿: Kako | 2005.02.02 16:02

ココログブックス・ニュース眺めていたら”脳天気”という言葉が頭に浮かんだんですけど、これって考えすぎでしょうか?
だってあまりに別世界で浮かれてるって感じなんで・・・

投稿: あっくん | 2005.02.02 18:25

poronさん、トラックバックありがとうございました。

私としても、poronさんとまったく同じ意見です。「そうだったとしても、もっとうまくやれよ」、です。
新年会と銘打ったならば、参加者が満足できるように力を注いで欲しかったです。

投稿: nemota | 2005.02.02 23:41

コメント欄では、はじめまして。
たま@なまけ日和です。
パーティ直後からこちらには伺っていましたが
ご挨拶遅れて申し訳ありません。冷静な視点からのいろいろな情報をありがとうございました。
やはり今回の件に関してはどうしてもココログ上で書きたかったので「なまけ日和」と同IDで以前書いていたBLOGにて新たにきちんと書きなおしました。是非ご一読頂けると嬉しいです。

投稿: たま | 2005.02.02 23:54

■poohpapa さん

昨日はさっそくお越しいただき、
ありがとうございました。
ここ数日の悪徳〜の記事は反響がすごいですね。
もう1弾、あるとのこと。楽しみにしていまする

■ニシオさん

今回のコンテストはやりようで
もっと盛り上がったはずなんですよね。
新年会よりも新年会後のココログで
ブロガーの交流が深まってどうするよ、
という感じです(笑)。

■fumi_o さん

いらっしゃいませ!
コメントの「次々と明らかになる」という
くだりで思わず「火曜サスペンスかよ!」と
ツッコミを入れてしまった私です。
ニフはどうも、どんどんドツボに
はまっているような気がしてなりません。

投稿: poron | 2005.02.03 04:01

■Kakoさん

トラバのごあいさつが遅くなってすみません。
ココログユーザーの間で、
いろいろな交流が行なわれていて、
ある意味、盛り上がっているのではないかと。
すごいアクセス数でビビり気味の私ですが。

■あっくん

いや、いいんです。今後に活かしてくれれば。
まあ、人気Blogのお休みは
痛いところだと思いますが。

■nemota さん

そちらの記事を拝見して、うなづいておりました。
幾度ものダメダメっぷり、スタッフの誰かが
気づいたりはしなかったんでしょうかねえ。

■たまさん

渾身のレポート、すごくよかったです。
新年会とか受賞うんぬんだけじゃなく、
すべての対応がダメだったんですね。
ココログから届いたメールといい、
講評といい、もう少し「気づかい」があれば
よかったんですけどね。

投稿: poron | 2005.02.03 04:07

poronさん、お早うございます。

私はコンテストそのものには関係ないので(早々に落選しましたから(笑))もうあんまりぐちぐち言うつもりはなかったのですが・・。
さっき、ココログマガジンが届いたのですよ。
まあコンテストのことにももちろん触れてあるわけですが、最後に
>残念ながら、今回お越しいただけなかった方は、
>ぜひ表彰式、ココログ新年会のレポートで、
>そのときの様子を感じていただければと思います。
とありました。

えーと、感じちゃっていいんでしょうか。参加した方々のレポートで。

投稿: Kako | 2005.02.03 09:27

■Kakoさん

うちにも来ていました!
参加した人の生なましいBlogを読んだほうが
「より感じやすく」なろうかと……(笑)。
上っ面だけのスタッフレポートよりも
百倍「行った気」になりますよね。

なんか、ニフティ。
やればやるだけ、空回り。

投稿: poron | 2005.02.04 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さ、さぶっ! | トップページ | 悪魔が来たりてプヒー! »