« マキロン好きは罪なのか | トップページ | こーちゃんが大変なことに! »

キョウコと叫ぶ男

 仕事がら、ひとり朝までパソコンと向かい合っていることが多い。そんな生活のせいで「熟睡していれば気づかなかったであろう」ことまで、気づいてしまうことがある。たいてい、外が騒がしいのでベランダに出てみると……というパターンがほとんどだ。都心とは違い、小金井の深夜は本当に静かだ。だから、ちょっと大声や騒音を立てるとかなり遠くまで響くのである。

 徹夜が続いていたあるとき、男の叫び声が聞こえてきた。近所からではなく、かろうじて聞こえてくるぐらいの声。どこか遠くで叫んでいる、という感じ。ベランダに出て、男が何を叫んでいるのかと耳をすましてみる。

「キョウコ〜、キョウコ〜!」

 男は「キョウコ」の名を叫んでいた。ケンカでもして飛び出した彼女を探しているんだろうか。それとも、振られてヤケ酒を飲んだ酔っ払いか。「キョウコ」の叫び声は夜が明けるまで1時間も続き、いろいろと想像してしまった私は仕事が手につかなかった。

 ある晩の不思議な出来事、となったはずの「叫ぶ男」は翌日も翌々日も現れた。毎日、明け方近くなると、どこからともなく「キョウコ〜! キョウコ〜!」と聞こえてくる。雨がざぶさぶと降っていようが、おかまいなし。ひたすら「キョウコ〜!」なのである。

 1週間も続いただろうか。これはタダゴトじゃないと感じた私はある晩、夫を叩き起こして「キョウコと叫ぶ男」を一緒に探しにでかけた。危険が待ち受けているかもしれない。なぜ、他の住人たちは気づかないのだろうか。そんなことを考えながら「キョウコ〜!」の声をたよりに、自転車を走らせる。

 だんだん「キョウコ〜!」の声が近づいている。ときおり「キョウ、キョウ……」と叫んでいることに気づいた。叫び疲れたのか。それとも……。

 たどりついた先は1軒の農家だった。家の横に建てられた小屋から「キョウコ〜!」の叫び声が聞こえる。門の近くから耳をすまして声を聞いていた私たちは、叫びの主を知った。

 なんと、ニワトリだったのである。明け方、1時間も叫んでいたのは鳴き方がヘタなニワトリであった。「コケコッコ〜」ならぬ「キョウコ〜!」。正体がわかってホッとしたのと同時に、夫婦揃って何をしているんだという脱力感。あのニワトリはいまも元気に「キョウコ〜!」と叫び続けている。

|

« マキロン好きは罪なのか | トップページ | こーちゃんが大変なことに! »

「小金井ネタ」カテゴリの記事

コメント

プッ(*^^)v

小金井にもまだそんなところがあるんですねえ・・・。
poronさんご夫妻の様子を思い浮かべながら読ませて頂きました。真相が分かった後の脱力感、よく分かります^_^;

でも、ひと言だけ言わせてくださいね、

このオッチョコチョイめが!(爆) 

投稿: poohpapa | 2005.02.20 08:50

優しい旦那様ですね。ウチは「キョウコ」だろうが、「ユウコ」だろうがなんの音が聞こえても、飲んだ暮れて寝ている旦那は起きてまで一緒に声の主を探してはくれない。変なところに感動してしまった、ワタシでした。

投稿: みっちー | 2005.02.20 12:11

ああ、そのなんともいえない脱力感……。
おつかれでした。
確かに一週間以上にわたり「キョウコ〜!」と、
叫び続けられたら、タダゴトじゃないですよね。
でも、揃って自転車で「キョウコ〜!」の元を探しに行くご夫婦も、なかなかいらっしゃらないでしょう。
謎多き町、小金井……。

投稿: さり | 2005.02.20 14:05

ニワトリですか。。。
それは今までの思い巡らせたものが全て
ふっとびますね。

・・・というか小金井市静かで良い所なの
ですねぇ。

ちょうど10年前に学○大にセンター試験を
受けに行った時が最初で最後のような。。。

投稿: 株トムシ | 2005.02.20 23:27

何というか、NightBirdsさんの処で、採用して頂きました、keichanと申します。

初めまして!

小金井は、調布に近いでしょうか?
私、昔勤めた生保会社の研修所が調布にあったのですよ。なんだか、なつかしぃ。

長崎チャンポン、ご家族の好みに合致って、なによりです。
私、京都で学生だった頃、毎日、京福電鉄一乗寺で長崎チャンポンばかりでした。
下宿の私を気遣って、店長、値打ちに大盛りにして下さった、です。(感謝
けっこう、年季入り、なkeichanでした。

註) 天下一品も、天下一品でした(笑

投稿: keichan | 2005.02.21 00:30

■poohpapaさん

わははは。温かいツッコミありがとうございます。
小金井はまだまだのんびりした雰囲気でして、
駐車場でうさぎが1匹だけで散歩していたり、
おじいさんがラクダのももひきだけで
突っ立っていたりするようなところです。

■みっちーさん

ご主人の名前を、どこかの女性が叫んでいたら
飛び起きて探しにいっちゃいますよ、きっと。

■さりさん
ぜひ1度「キョウコ〜!」を聞きに
小金井までいらしてくださいませ。
ナマキョウコ。いいですよ。

■株トムシさん

静かです、小金井って。
1度、ひったくりに合った女性の叫び声を聞き、
通報したことがあります。
おまわりさんが何人も我が家に来たんですが、
「実は1キロ先でひったくりがあった」と
聞き、そんなに声が響くんだと驚いたんですよ。

■keichanさん

わざわざお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。
小金井と調布はお隣さんなので近いですよ。
ちゃんぽんは野菜不足の学生さんにいいですよね。
安くて野菜たっぷりでおいしかったです!

投稿: poron | 2005.02.21 04:12

poronさん、再びおはようございます。

うちの近くにもいましたよ。

2年ほど前の冬の寒い夜、そいつはうなり声をあげてやってきました。よく聞くと何か歌っているようなのですが、この時は本当にどこかのバカオヤジがうなりながら車を運転しているとしか思えなかったのです。
で、初めは、遠くの方をぐるぐる回っていたのですが、次の日、次の日とだんだん私の家に近づいてきました・・・
そして!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「いし~やき~いも~やきいも」

音痴な、焼き芋屋でした ○| ̄|_

2年たって今は、音痴はそれなりに解消されましたが、うちの家族はいまだに「音痴な焼き芋屋」と呼んでおります。

投稿: ま2 | 2005.03.25 06:38

■ま2さん

マズそうな焼き芋屋ですね。
でも、こぶしとか効かせた、
カラオケ帝王みたいな焼き芋屋もイヤですね。
ほどほど、がいちばん。

投稿: poron | 2005.03.27 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マキロン好きは罪なのか | トップページ | こーちゃんが大変なことに! »