« 火種を小出しにするココログ | トップページ | 正しいケツの拭きかた »

脚をおっ広げる必要性

 近所の皮膚科に行ってきた。ふとももにまたポツリと腫瘍ができ、そのまわりが手のひらほどの範囲で赤くはれあがっているのだ。先生に股間を見せるのは何度目だろうか、もしかしたら夫よりも多いかもしれない。そんなことを思いながら、ベッドのうえでズボンをぬぐ。股の付け根だった前回とは違い、今回は太もも。しかし、太ももの内側なので脚をおっ広げる必要がある。ベッドに寝ておっ広げるか。それとも、ベッドに座っておっ広げるか……。もはや、そんな悩みは些細なものだ。

「ああ、いつものやつだねえ。前回とは別の場所だけど。それにしてもよくできるねえ」

 妙な感心の仕方をして、先生はしばし考える。

「切りたくないよねえ」
「切らないですむなら、そのほうがいいよねえ」
「抗生物質飲んでみるかぁ」
「それにしても痛そうだねえ」


 ……先生。早く股ぐらをしまいたいんですが。

 さようなら、私のはじらい。

|

« 火種を小出しにするココログ | トップページ | 正しいケツの拭きかた »

「下ネタ」カテゴリの記事

コメント

>さようなら、私のはじらい。

おお!!、まだ残っていたか!!
何よりじゃ!!
(ごめん、つい書いちゃった・・爆)

投稿: O氏 | 2005.02.23 23:05

こん深夜(ばん)は。
お互いの恥ずかしさに、好感を持ってしまったkeichanです。

世の中いろいろ、人生色々ですが、
こうした関係は、とっても、素敵です。

素敵な場面は、なかなか訪れませんが、
素敵な場面をお知らせ頂いて、有り難う。

註)素敵が似合わない私、病院のアウトソーシングです。病院のガセネタなら、多分、何でもOK・・・

投稿: keichan | 2005.02.24 00:44

■O氏

失礼な(笑)。
キミがコメントをくれるのは、いつだって
この下ネタ……。

■keichanさん

何度も股間を見せにくる熟女、
そして嫌々ながら診察せざを得ない医者。
確かにすてきな関係かもしれませんね。
慣れというものが怖いです。

投稿: poron | 2005.02.24 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 火種を小出しにするココログ | トップページ | 正しいケツの拭きかた »