« 食らう女 | トップページ | お前こそが死ぬべきだ »

我こそがお姉ちゃん

 以前、ここで書いた、アッコちゃんが泊まりにきている。彼女のおとうさんは「ケツの話あれこれ」のおじである。育ての母が亡くなってから、施設で暮らしていたアッコが春休みで帰京。おじは彼女のために一時退院させてもらったものの、検査だなんだで病院通い。そこで「よかったら、うちに泊まりなよ」ということになったのだ。

 彼女はとても照れ屋で、話しかけてもうつむいたまま、蚊の泣くような声で返事をする。ギャーギャーとうるさい娘と一緒だとアッコが気疲れちゃうかなと心配したが、大丈夫そう。

 昨夜はみんなで銭湯へ行った。精神年齢が小学生程度のアッコに対し、娘はあれこれ世話を焼きたがる。しかし、アッコはすでに30すぎ。彼女にとっても娘は「世話をしてあげたい存在」であり、女ふたりで「我こそがお姉ちゃん」と張り合っているのだからおもしろい。3人で露天風呂に入り、のんびりしているとさっそくおせっかいが始まる。

娘  「アッコちゃん、床がすべるから気をつけてね」
アッコ「……」
娘  「熱くない? こっちのお風呂に一緒に入る?」
アッコ「……」
娘  「さ、あがって身体を洗いましょ」
アッコ「……手、つなぐ?」
娘  「?」
アッコ「すべるから危ないよ。手、つないであげる」
娘  「そうね。危ないもの。手、つないであげる」

 どっちが世話焼きなんだか、わかんねえ! 人の世話を焼く前に自分でちゃんとケツが洗えるようになれ!

 湯けむりのなか、手をつないで転ばないようにソロリソロリと歩くふたりを見ながら、なんだか微笑ましく思ってしまった。

|

« 食らう女 | トップページ | お前こそが死ぬべきだ »

「家族ネタ」カテゴリの記事

コメント

ふたりともが、なんとも微笑ましく、可愛らしいですね。
アッコちゃんには、娘さんの素直な気持ちが伝わっているのでしょうね。
ふたりとも、ずっとこのままでいてほしい、
そう願わずにはおれません。

投稿: さり | 2005.03.30 23:32

poronさま、今晩は。
胸が詰まりました。心に響くお話、有り難う。

昔、父の実家の子が針を飲んでしまって成長が止まって仕舞った。
体が小さいまま大人に成って仕舞ったのでした。
ご家族が見守って育てたことがなにより、思い出されます。

親も偉いですが、その子も偉い!、と思いました。
五体満足に甘えていてはいけないと、反省する次第です。

投稿: keichan | 2005.03.31 19:50

■さりさん

アッコにとって私はいとこ、
娘にとって私はママ。
いやぁ、たったの1日でしたが、
こんがらがっちゃいましたよ。
「アッコちゃん、先に行っていて。ママは後から
すぐに行くから」なんていうこともありました。
ママじゃねえだろ!とひとりツッコミ。

■keichanさん

そうそう。五体満足や健常者が当たり前ではなく、
身体も心も精神もいろんな個性なんですよね。
アッコも知的障害はありますが、
打算も計算もしないので、天使みたいに優しい。
いつまでたっても「かわいい女の子」です。

投稿: poron | 2005.04.01 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食らう女 | トップページ | お前こそが死ぬべきだ »