« 無知を主張する人々 | トップページ | 母の日の悩ましさ »

娘と私の40分

 4歳の娘は私の仕事が忙しくなると、やたらと甘えたがったり、泣き虫になる。たぶん、切羽詰まっている私を見て、情緒不安に陥っているのだと思う。保育園から帰ってきた娘は「あのね、それでね」と今日の楽しかったこと、泣いたこと、転んだことを話したい。でも私は書いた原稿を読み返しては、消したり足したりする作業中。とても話を聞ける状態じゃない。聞いてやりたくても、聞いてやれないことが続き、私自身もつらくてイライラしてくると、娘のほうも変になってくる。ここのところ、そんな状態が続き、いよいよ私も娘も限界に近づいていた。

 朝まで仕事をやって、ちょっとだけ仮眠をする。保育園には娘を休ませるとFAXしておいた。たっぷりと眠った娘と起きがけに布団で遊び、思いきり手抜きをしてシリアルの朝ごはんを食べた。取引先からメールが来ているかもしれない、いまこの瞬間に電話がかかってくるかもしれない、という不安から逃げるように、娘の手を引き家を出る。さっきまで降っていた雨が上がり、薄日が差している。ああ、なんていい気分なんだろう。

 小金井市のシティバスに乗りたいという娘のため、手をつないでバス停まで歩く。ローカル線の小さな駅の入り口にある、小さなバス停。1時間に2本しか来ないバスを、3分前に乗り損ねてしまったらしい。「どうする? 次のバスが来るのは30分後だよ。すごーく待たないと来ないよ」と聞くと、娘は「待っている」という。仕方ないな、30分待つか……。

 バス停の前は芝生で、ときどき駅に電車が来るだけで人の気配はない。いるのは鳩とすずめぐらい。娘は芝生の花を見たり、鳩の鳴き声をまねて遊んでいる。ときどき私のところに来ては「だっこして」とひざに乗り、それに飽きるとまた芝生へ遊びに行く。本当に静かでのんびりした空気。30分もなんにもしないで、空と芝生と娘だけを見ているなんて、いつ以来なんだろう。

 30分を過ごし、バスの到着時刻が近づいてきた。娘はバス停にしがみつき、バスが来るのを今か今かと待ち構えている。いつの間にかおばあさんも一緒にバスを待っていた。25分、30分ちょうど、35分、40分……。なぜか、バスはいつまでたっても来ない。駅前は変わらず、静かでのんびり……。

「おかしいわねえ。欠便なんてあるのかしら」とおばあさん。「私たちずっと待っているんです。変ですよねえ。バス会社に電話して聞いてみましょうか」「そうねえ、お願いできるかしら」

 バス会社に電話をかけ、どうしてバスが来ないのかを聞いてみた。

「……あ、あのう。そのバスが運行するのは明日からなんです」

 電話に出た人は申し訳なさそうに、こう答えた。ああ、なんてことだ! 来るはずのないバスを40分以上も待っていたなんて! 自分のバカさ加減とバス会社に対して、一瞬だけ腹立たしく思ったものの、すぐに「おかげで娘とゆっくり過ごせた」と思いなおす。貴重な40分をプレゼントされたようで、なんだかニンマリの1日だった。
 

|

« 無知を主張する人々 | トップページ | 母の日の悩ましさ »

「娘ネタ」カテゴリの記事

コメント

神様がプレゼントしてくれた、幸せな時間。ずーっと昔に私にも、あったような…。高校生になっても、親が忙しく切羽詰った状態になると、泣きわめきはしないが、別の形でシグナルを送ってくる。いくつになっても、子供は子供。子を持って知るナントカ^^かしら?

投稿: みっちー | 2005.04.26 08:14

しあわせな40分でしたね。
きっとバスに乗れなくても、娘さんは大満足だったんじゃないかしら? 「一瞬腹立たしく思って、すぐに思いなおす」ってところに、いいなぁ〜〜と思ったのでした。
ナイス切り替えです。見習いたい。

投稿: さり | 2005.04.26 11:29

はじめまして。

娘さんがだっこしてもらいに戻ってくる場面を想像して、ステキと思いました。
いつも母の膝は安心の素なんだなあ。
そうやってちょっとずつ離れている時間が長くなるんでしょうねー。

いつも記事を楽しみに拝見しています。
ついついコメントしちゃいました。

三鷹在住なんです。お近くですね。

投稿: オネーサン! | 2005.04.26 12:24

とっさに優先順位を切り替えられるというのはスゴイですね。
多くの親は子供は後回しに出来ると思い、それが積み重なりやがて修復不可能の域に達してしまうのではないでしょうか?
感動しました。

投稿: lba | 2005.04.26 12:27

アホばっかりコメントしてますが、
いつも応援してますよ!(笑)。

投稿: O氏 | 2005.04.26 21:55

poronさま、今晩は、keichanです。
多忙な中、娘さまとの束の間の幸せを持てて、よかったですね。keichanも、ホッ、としました。
子供を育てることは、随分体力と気力を使いますが、親が苦労した分、子は育ちますので、今がフン張り時と思います。(私も同じ・・笑
何にしても、ご家族がゆっくり出来るように計画なさるのがgooだと、思うkeichanであった。

投稿: keichan | 2005.04.26 22:20

■みっちーさん

ほっこりするような幸せって案外、ささやかなことなんだと
実感した1日でした。高校生だと「だっこ」というわけには
いかないんでしょうが、子どもの出すシグナルに
いつも気づいてあげられている、みっちーさんはえらいなあ。
私もそんなママになっていきたいです。

■さりさん

バスが来ないのに気づいた後、自転車で買い物に行きました。
待ちぼうけしていたから、のどがカラカラで、
スーパーについたとたん、ふたりでカフェに入り
デニッシュとジュースでまったり……。
ホントにいい1日でした。

■オネーサン

こんにちは、はじめまして! 三鷹なんですね! ご近所!
子どもが小さいうちは、だっこだっこで重くて大変〜なんて
思っていましたが、大きくなるにつれ、だっこも減ってきて
なんだかさみしい気持ちがしていたこのごろ……。
そのうち「だっこさせて」とこっちからお願いするように
なるかもしれませんね(笑)。

投稿: poron | 2005.04.27 12:35

■lbaさん

私自身「子どもに目を向け、手を添える」ということが
大切なのかわかっていても、ついつい仕事や雑用に追われて
子どもにベクトルが向かないことがほとんど。
でも、ときどとふっと思うんですよ。
「子どもなんてあっという間に親から離れていくんだ。
今日あったことを私に話そうともしなくなる時期が来る。
だから、いまのうちにたくさん話を聞いて、たくさん
だっこしよう」と……。仕事や雑用は自分次第で
どうにでも都合がつきますが、子どもの成長には待ったは
きかないんですよね。

■O氏

いただいたメールの返事もしていなくてゴメンナサイ。
いろいろと聞いてほしいこともあるんですよ。
そのうち長文メール送りつけますので、よろしく(笑)。

■keichanさん

いやぁ、ホントに子どもを育てるのって大変ですね。
産むのも大変ですが、育てるのは持久力が必要ですし。
さっさと仕事を片付けて、のんびりしようと思います。

投稿: poron | 2005.04.27 12:48

なんだか微笑ましく読ませて頂きました。

・・・が、普段は相当激務なのですね。
娘さんが情緒不安定になるほどかまってあげられないなんて。

私は1人ものなので子供の気持ちはわかりませんが(分からなくなったという方が正しいかも)

職業柄激務続きなので切羽詰った時の不安定感はわかります。
こういうときに子供がいたら・・・と思うと(滝汗)

ってでも、こういうのっていつも辛いのは母親なんですよね。
よくない習慣ですが。現実として。

まぁ、子供が成長した時に得するのも母親ですが(爆)。

投稿: 株トムシ | 2005.04.29 22:43

■株トムシさん

たぶん、家で仕事をしているのが原因だと思っています。
会社で残業ならば「ママはお仕事で遅いね」で済むのに
家で仕事をしていると、
目の前にいるけれど、話しかけると「後でね」と
いわれるわけで……。
でも、仕事場を作ったら、ごはんも作ってやれないし、
夜も家にいないことになるので、娘にとってどっちが
いいのか悩んでしまいます。

投稿: poron | 2005.04.30 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無知を主張する人々 | トップページ | 母の日の悩ましさ »