« はっしゃしま〜す! | トップページ | グタグタなふたり »

母親よ、あせるな

 5月に誕生日を迎えたとたん、娘はものすごい鼻息で宣言をした。

「もう5歳なんだから! 指チュッチュとオムツは辞める!」
「あ、そう。がんばれ」

 娘は寝るときの指しゃぶりとオムツが、どうしても辞められなかったのだが、いささかはずかしくなってきたらしい。確かに卒業が遅いかもしれない。実家の母に「アンタは1歳でオムツがはずれた。あの子は遅い」といわれるたび、うるせえなと思っていたのも事実。それでも私は「昼間は指しゃぶりもしないし、パンツを履いてトイレにも行っている。ハタチになっても辞められなかったら、どうにかすりゃあいい」と考えていた。ノンキというばノンキ、である。

 放っておいても娘は自分で「辞めたい」といいだし、実際その宣言以降、指しゃぶりと夜のオムツは(いちおう)卒業した。ときどき布団のなかから「ね。辞めるっていったけど、ちょっとだけ指チュッチュしていい?」と聞いてくることもある。そんなときは「そんなに無理して辞めることないよ。少しずつ減らせばいいんじゃないの?」と答えると、娘はホッとした顔をして眠りにつく。オムツについても同じ。「今夜はどうするの? オムツで寝るの? パンツで寝るの?」と聞くと、娘は「パンツで寝る」という。私は絶対にこうしろ、とはいわない。自分で決めて、自分でやることが大事だから。

 巷の育児本にはいつごろまでに卒乳をして、いつからオムツはずしをして、いつまでにハシが使えるように、と書かれている。母親たちは自分の子どもとまわりの子どもをくらべ「うちの子はまだ○○ができない」とあせる。大人ですらご飯を食べるのが遅い人もいれば、トイレが近い人、ハシが上手に使えない人、同じ枕じゃないと寝られない人がいるのに、幼い子どもに何を求めているのだろう。いいじゃないの、そのうちできるようになるし、自分でがんばってみたくなるはず。そのとき親がちょっとだけ手助けしてやればいい。

 ……と、マジメに書いてみたが「大人になっても漏らしてしまった経験のあるワタシ」だ。 そんなオンナが娘に「漏らすな」などといえるはずもなく……。

|

« はっしゃしま〜す! | トップページ | グタグタなふたり »

「娘ネタ」カテゴリの記事

コメント

poronさん、おはようございます。

で、朝から、だまって布団を干したのでしょうか・・・?

そういえばこの前お昼のTV通販で、汗をかいてもすぐ乾く「さわやかジーンズ」と言うものを取り上げていたのですが、それを見て「じゃチョロってもすぐ乾くのかな~どこまでなら漏らしても大丈夫(すぐ乾く)のかな~」と思ったことを思い出してしまいました。

投稿: ま2 | 2005.06.09 08:03

凄く恥かしいのですが、大人になりすぎると起きていてもくしゃみなんかすると、漏らしちゃうんですよ、コレガ。。。。。。お漏らしとの戦いは一生続くのだ^^

投稿: みっちー | 2005.06.09 08:42

賢い娘さんですね。
5歳にしてこういった宣言と「ね。辞めるっていったけど、・・・」のくだりのような
「調整」ができるのはとても賢いと思います。

自分の意思で判断して、TPOで修正するといったごく当然のことをできない
大人は山のようにいますから。

子供の時のできるできないの差なんてホントどうでもいいことなんですよね。
というかみんな同じだったら逆に怖い(爆)
機械じゃないんだから・・・。

とまたしても・・・(自己嫌悪)

投稿: 株トムシ | 2005.06.09 23:36

こんにちは、keichanです。
やっぱ、poron様は、私のカァ~チャンかも、ね。(笑

投稿: keichan | 2005.06.10 00:19

先のCoCoバスの話、そして今回の話のような子供自身の行動・言動の話って、とってもほほえましく、読み手としてとても心地の良い気分にさせてくれますね。こういったお話はとっても嬉しいです。

子供たちの言動を意識していると、
「えっ、こんなに幼いのにこんなこと意識してるの?!」と
驚かされることがしばしばあります。

僕が出会った「ほんわか話」を紹介。

僕が駅のベンチに座って電車待ちしていると、
まだ幼稚園生ぐらいの女の子と
そのお父さんがベンチに座ろうとして歩いてきました。
お母さんは少し後から歩いてきています。

僕が座っているベンチは3人がけです。
まずお父さんが僕の左側に座りました。
そしてお父さんが自分の左側に座るよう娘に勧めると、女の子は
「お母さんが座れなくなるよ~」とお父さんに言いました。
するとお父さんは
「いいんだよ、お母さんが座ると壊れちゃうから(笑)」
即座に女の子は
「ひっど~い!」

僕が驚いたのは、
幼いながらも、まずお母さんのことを第一に気遣ったこと。
そして、お父さんの言動がお母さんに対して失礼なものであるということを認識しているところです。

いやはや、子供ってあなどれないですよ。
しっかり親を観ているんですね~(笑)。

投稿: コロラド | 2005.06.10 00:22

■ま2さん

おひさしぶりです。
……って某所ではお見かけしておりますが(笑)。
娘は宣言以来、おねしょをしていません。
昨日までオムツにジャージャーだったのに、
決意とはすごいもんだなぁと感心しています。
さわやかジーンズ、実はネットショップで見たことが
あります。そっちの利用価値があるとは気づきませんでした。

■みっちーさん

やっぱり括約筋がゆるくなるんでしょうか?
鍛えておこうと決意しました(笑)。

■株トムシさん

確かに自分なりに調整しているのかもしれませんね。
自分では「もう5歳なんだから!」という勢いがあって、
いろいろとチャレンジしたいようなのですが、
私にしてみれば「まだ5歳だろ。がんばりすぎるな」と
思うわけですよ。大人になるとがんばりたくなくても、
がんばらなくちゃいけないときがたくさんあるわけで……。

投稿: poron | 2005.06.12 03:56

■keichanさん

>>やっぱ、poron様は、私のカァ〜チャンかも、ね。(笑

え? 産んだっけ? いつ?

■コロラドさん

私、子どもを育てていて最初に気づいたのが、
子どもって思っている以上に考えているんだなってことでした。
保育園に預けはじめたころ、泣いている娘を先生に渡して
隠れて仕事に行こうとしたんです。そうしたら先生が
「隠れて行くのではなく、ちゃんと行ってきますって
いってください!」って怒るんです。
私としてはまだ1歳でどうせわかんないよ、って
思っていたのですが、違うんですよね。
うまくしゃべれないだけで、大人の話は理解していて、
同時にいろんなことを考えているんです。

そんなことを考えもしていなかった私にとって、
このことは本当に目からウロコでした。
コロラドさんが見た女の子も、ようやく自分の気持ちを
うまく伝えられる年令になったんでしょうね。
きっと赤ちゃんのころから、ママが好き〜って
思っていたのだなと感じました。いいお話、ありがとう。


投稿: poron | 2005.06.12 04:05

あっちネタになっちゃうけど、アソコを鍛える道具あるんです。サイト検索してて発見したんですけど。。。そうすると漏れなくなるって。その最後にご主人も喜びますって。漏れちゃうような年齢になって、ご主人喜ばしても…><

投稿: みっちー | 2005.06.12 13:08

■みっちーさん

そそそそそそれ、どんなんですか!
見てみたいなぁ。ブックマークしていませんか?

投稿: poron | 2005.06.15 02:18

シマルッチで検索してみてちょ。。。。

投稿: みっちー | 2005.06.15 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はっしゃしま〜す! | トップページ | グタグタなふたり »