« ある夜のメールから(4) | トップページ | 行ってきます »

ある夜のメールから(終)

 ※初めての方は「ある夜のメールから」「ある夜のメールから(2)」「ある夜のメールから(3)」「ある夜のメールから(4)」からどうぞ。

 poohpapaさんからのメールには「それにしても村○武範のギャラが7万円というのは不思議な感じがする。そんなはした金で仕事を請けるのだろうか」と書かれていた。

 もっともな疑問、といえよう。カメラマンやライターが同行するのだから、タレントの懐には7万円のうちの『いくらか』しか入らないはずだ。7万円すべてがタレントのギャラだとしても、その程度の金額で東京都下の立川までわざわざ来るとは思えない。

 実はコレにはからくりがある。最初のメールに書かれていた取材申し込みのやりとりを思い出してほしい。

相手は「明後日の11時半から、フジテレビの、村○武範の『食いしん坊! ××』で取材をさせていただきたい。テレビ以外の雑誌で紹介するための費用で7万ほどかかります」と話している。

 取材申し込みの時点で、相手は「日時と時間」を指定している。私の場合、締切まで日がないときは「○日までに取材したい」「この日程しかない」と頼むこともあるが、たいていは「○日ごろはどうでしょうか」「○時ごろがよろしいですか」と聞いている。

 そこで、村○氏と取材チームはこの日、「立川近辺の」「別の店や企業に」「取材する予定がある」と推測できる。コムベトナムの前後に、すでに確定している取材先があるはず。1軒の取材で7万円でも、1日で5軒行けば35万。ページの大きさによって7万以上もあるはずだから、うまく近場をまわれば、かなりの金額を稼げるわけだ。

 翌日(取材前日)にコムベトナムのママさんが断りの電話を入れたところ、案の定「もう取り消せない」だの「村野さんが楽しみにしている」だの「手配しちゃった」だの、相当なものだったらしい(poohpapaさんがマママの横で一部始終を聞いていた。時間にして20分も粘っていたそうだ)。だって今さら「翌日の11時半」に「他の取材先の近場」で「7万円のお金を払って取材させてくれる」ような店なんて見つからないもの!

 これは詐欺ではなく、巧妙な広告営業。取材を受けて、後から「食いしん坊! ○○じゃなかった」「テレビで紹介するといったのに」と文句をいったところで、相手はこういうはずだ。

「フジテレビの、村○武範の『食いしん坊! ××』取材をさせていただきたい」ではなく「フジテレビの『食いしん坊! ××』の村○武範取材をさせていただきたい」といいました。聞き違いじゃないですか?

「テレビ以外の雑誌で紹介するための費用で7万ほどかかります」といっただけで「テレビで紹介する」とはいってません」

 こうしてある夜の事件は解決したのであった……。

(おわり)

|

« ある夜のメールから(4) | トップページ | 行ってきます »

「友人ネタ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。。。。
文章って難しいですよね(-_-;)特に会話は。
今回はpoohpapaさんという強力な相談相手がいて、さらに、もっと強力なporonさんがいて難なきを
得たという感じで、安心しました。
でも、これって、取材を受けてしまったお店は後から、「違ったけど、広告になるしいいや」
っていうとこもあるんでしょうね?!

でも、、7万円。。。。高いわぁ。

投稿: ひびき | 2005.07.19 06:00

ひゃぁ、、、
詐欺まがいで稼ぐ手をいろいろ考えるもんですねえ。
7万円というのも微妙な金額、10万だと高くて引くし、
あまり安いと掛け持ち増やさないと行けないし。
ちなみにこのあと掲載の広告雑誌を大量に
売りつけられるらしいので、7万はギャラ&日当に消え
雑誌代がこの会社の身入りになるんでしょうか。。

投稿: くっきも | 2005.07.19 08:19

なるほど。。。
タレントはこのように使うのか。。。
村○武範のイメージダウン?
ってゆーかタレントもそれを承知で日銭を稼ぐ?
なんか嫌な世界だな~。。。
世の中ってこんなもんなんですね。
大変勉強になりました!
コムベトナムさんが被害?を受けなくて良かったですね(´ー`)

投稿: しげちん | 2005.07.19 10:14

お疲れ様でした。
コムベトナムさんも被害(?)にあわなくて、めでたしめでたしです。悪徳さんとporonさんという、最強の味方がいらして良かったです。
直前の日時指定(しかも、飲食店に11時半なんて非常識極まりない!)なんて、その時点で変ですもの。
それに、編集取材に費用がかかるなんてあり得ない!
広告は、最初から「広告である」ことを読者/視聴者に告知すべき義務があります。ということは、出稿主(広告を出す方)も広告であるこということを、当初から認識しておかねばなりません。これは、広告&編集部門の常識ですね。
やっぱ、巧妙な詐欺じゃん! 許せませんね。
こういう手合いがいるから、まともにやってる編集部や広告営業が偏見の目で見られるんですよ。
嫌な世の中です。
ともあれ、良かったです。
そして、泣きそうになりながらも、旅行前に律儀に(終)を書いて下さったporonさんに感謝です。
いってらっしゃいませ、楽しんで!

投稿: さり | 2005.07.19 10:55

あっちも色々考えるものですね~
こんな事例を知らなければコロッとだまされそうです。

長編お疲れさまでした。

投稿: lba | 2005.07.19 19:39

連載記事、お疲れさまでした!
どこの出版社か知りませんけど、むちゃくちゃ強引な営業していますね。ひょっとしてこういうのが飲食業界雑誌のスタンダードなやり方なのでしょうか?
タレントはお店側に安心感を持たせる餌みたいな扱いにもみえるし。
事務所側にとっちゃギャラさえもらえればいいんだろうけど。

営業トークも対応もひどいなあと。この出版社の担当者は、自分たちがどんなことをしているか、もう見えなくなっているんじゃないかなあ・・・。油断するとすぐ麻痺してしまう職種ですから。

広告で思い出しました。とある漫画雑誌で
「編集長は広告を死ぬ程欲しがっています。 その為なら肉体(からだ)も提供すると言っています(女性限る)」
と、雑誌紹介の4コマ漫画冒頭に描かれていて爆笑した記憶があります。
その漫画のオチは、
広告主募集告知を紙面上で出したら、さっそく若い読者さんから手紙が来て「友達みんなでお金出しあって何とかなりますか」って・・・ええ話やあ~商業誌とは思えねえ~
でした。

雑誌と広告は永遠のテーマなのかもしれませんね。

投稿: コロラド | 2005.07.20 01:24

poronさん、お疲れ様でした

実に分かりやすく論点と経緯を整理していただ・・・、ン?、以前にも有ったような・・・。そうだよ、あん時だ・・・(汗)

それにしても、実に分かりやすい記事ですね。私にはここまでキレイに纏められませんから、poronさんにお任せして正解でした。

でも、待てよ、ひょっとすると、アタシとporonさんが組めば何かでボロ儲け出来るかも知れないな、いや、きっと出来るな。危なくなりそうなら用心棒もいるし(爆)

ちょっと考えてみよっと!

投稿: poohpapa | 2005.07.22 21:08

■ひびきさん

そうそう、その「違っていたけれど、広告」っていうのが
曲者なんですよねえ。ちゃんと掲載すれば詐欺じゃないし。
でも、普通の商業誌だったら7万円じゃすごーーく小さい
広告スペースです。……ていうか7万じゃ出稿できないかも。
だからここの雑誌は広告料が安いといえば安いんですが、
宣伝効果はどうなのか……(笑)。

■くっきもさん

7万円って本当に微妙な値段ですよね。
小さな飲食店でも「多少がんばって出せる金額」です。
10万円だったら最初から断られるはず。
工夫しているんだなぁと私も感心した次第です。

■しげちんさん

コムベトナムさんにはpoohpapaさんを通じて、
「もし7万円を払うのなら、宣伝効果が疑わしい
雑誌に払うのではなく、7万円分の食事券を用意して、
メジャー雑誌で読者プレゼントとして提供しませんか?
そうすれば当たった人がお客さんとして来てくれるし、
よりたくさんの人に喜んでもらえますよ」とお勧めました。
もちろん、掲載するコネとか方法は私が無料でお手伝い
しますよ……と。

■さりさん

本当に同感です。まじめにやっている人たちが
こうした人たちのために迷惑しているんですよね。
私も取材した店でいろんな話を聞きましたし……。
とある情報誌の取材でフレンチの店で撮影していたとき、
スーツの女性が訪ねてきたんですよ。
その情報誌の名前で「取材させてください」と!
いま、私がその雑誌の取材をしているのに、ですよ。
よくよく聞いてみたら、その情報誌がやっているサイトの
広告営業だったんですよね。微妙というか、巧妙というか。
断られているうちに、こうした変な知恵が付くんでしょうか。
本当に困ったもんです。

■lbaさん

お金がからむと相手は「あの手この手」を使います。
広告だけじゃなく、気をつけないと怖い。
よくかかってくる電話セールスとかも巧妙で
「通販カタログ○○などのお客様にご案内を……」なんて
いっていますが、この「など」が逃げ道なんですよねえ。

■コロラドさん

あははは! 女性限る&お金出し合って、ですか!
ワライマシタ。腹いたい〜。
そういう出版社には広告を出したくなりますね。
私だったら「値段によってサービスの違いは?」と
問い合わせしてみます。

■poohpapaさん

ああ、あのときですね。時系列はお任せを(笑)。
poohpapaさんと組んでボロもうけですか!?
宗教ぐらいしか思いつきませんが。
あのザインみたいにコスプレ踊りでもやりましょうか?

投稿: poron | 2005.07.23 02:41

連載記事お疲れ様でした。
最後は泣きながらだなんて・・・魂の連載ですね(爆)。

日本語って曖昧な表現満載で便利ですよね。
でも「テレビ以外の雑誌で紹介するため~」ってテレビは雑誌じゃないぞ
と受取るのは変な解釈でしょうか(爆)。


ただ、連載を読んでふと法制度の弱さを感じました。

こういった商取引に係る問題には大きく言えば民法や商法が規制してしかるべき
(他にも細かい法律はいっぱいありますが)だと思うのですが

どうもその運用が大きい規模の会社向けでこういった個人で営んでいる飲食店や零細企業
が守れないというのはいかがなものかと・・・。

-----

「紹介」と「広告」は全く別ものと思いますが微妙と言えば微妙ですよね。
立派に詐欺が成立しているかと・・・。
(刑法上の詐欺でなくとも民法上の詐欺にはしっかりなっていると思います。)

・・・ってあ~また長々と堅い話ですみません。
暴走してしまいそうなのでこの辺でm(__)m

投稿: 株トムシ | 2005.07.23 09:49

■株トムシさん

悪知恵の働くやつっていうのは、
いつも法の抜け道を考えているんでしょうね。
だいたい、お金のやりとりをするのに
電話でチャチャッと説明して、すぐに『仕事』に取りかかる
……なんて、悪徳リフォーム業者みたいなもん。
契約書もなければ、企画書もなし、なんてひどいですよね。
こういうのってクーリングオフは効くんでしょうか?

投稿: poron | 2005.07.25 04:09

ついでにもういっちょ。
なんとその編集長、その雑誌の漫画賞の選考結果ページの総評に、
“漫画賞取ったらソープおごる”なんて書いちゃって、
すかさず連載している漫画家さんから
「ねえよそんな漫画誌! 女性作家はどうすんだよ!
本当におごるかどうか追跡調査するぞ!」
とツッこまれていました(わはは)。

投稿: コロラド | 2005.07.28 01:23

久しぶりにのぞいたら、いつのまにやら「完」ですか!
まとめて楽しく読ませていただきました。
すごいなぁ…そんな詐欺あるんやなぁ…。
お店の方が被害に遭わなくてよかったよかったよかった。
poronさんの知力と経験がモノを言った感じですねw すげー。

投稿: マチ | 2005.07.28 13:31

■コロラドさん

ソープおごる……って(笑)。
いや、一応ですね、女性用とかもあるらしいですよ。
だから、その、それはそれで、うれしいかも。

■マチさん

感想ありがとうございます。
今回の詐欺、というか巧みな営業にはホント感心しました。
夫とふたり「オレたちもやるか。雑誌に載せますよ〜とか
いって、編集部に内緒で金もらっちゃうとか」などと
話していました。たとえば、取材をお願いする店に
「広告じゃなくて取材なんですが、フィルム代と現像代だけ
出していただけませんか?」なんていったら、
払うところがあるかもしれませんよね。

投稿: poron | 2005.07.29 04:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある夜のメールから(4) | トップページ | 行ってきます »