« 夏休みが怨めしい | トップページ | 雨のなか、プールの撮影 »

便器を抱え、とある男を想う

 先日、ひさしぶりに酒を飲みすぎて吐いた。涙ながらに便器を抱えていると、ふと昔付き合ったヒロアキを思い出した。ヒロアキは5歳年下の大学浪人生だった。19歳の童貞浪人生と、24歳の百戦錬磨OL。それはそれは濃密で忘れがたい交際だと想像できるはずだ。

 休日の夜、私はヒロアキを連れて、新宿のバーで飲んだくれていた。彼が友だちとよく出かける、渋谷・千歳会館の洋風居酒屋と違い、黒いベストを着たバーテンダーがいる店。ジャズの流れるその店で、私はカクテルをしこたま飲んだ。

 ベロベロになった私をタクシーで連れて帰ったらしい。翌朝、目を覚ますとそこは高円寺の彼のアパートだった。吐く息はもちろんのこと、身体中が酒臭い。ヨロヨロと立ち上がり、トイレへ向かう。ヒロアキはまだ眠っている。ユニットバスのトイレにしゃがみこんだ瞬間、私はゆうべ履いていたジーンズがないことに気づいた。さては、ヒロアキったら……。まったく若いんだから。あんなに酔っぱらった私と……。

 シャツと下着だけでベッドに戻り、ヒロアキの隣でまたひと眠り。次に目を覚ましたとき、彼は起きてテレビを見ていた。

「私のジーンズ、どこ?」
「ゆうべ、脱がしたんでしょ? よく覚えていないんだけど」

 彼は悲し気な顔で「本当に覚えていないの?」といい、静かに天井を指差した。天井に取り付けられた吊りフックと洗濯用のミニハンガー。そこに私のジーンズは吊るされていた。

「ゆうべさ、タクシーを降りてすぐ外で吐いたんだよ。それでジーンズのすそを汚したから、夜のうちに洗濯して干しておいたんだ」

 天井から吊るされたジーンズは窓から入る心地よい風に揺れ、まるでモビールのようにクルクルとまわっていた。そんな、優しくて繊細な男と別れて10年以上経った今、私はひとり便器を抱えて涙に濡れる。

|

« 夏休みが怨めしい | トップページ | 雨のなか、プールの撮影 »

「バカネタ」カテゴリの記事

コメント

最後の4行に何とも懐かしい、そして切ない想いが溢れております。
それにしても・・・
朝から大笑いさせていただきました!

投稿: あっくん | 2005.08.22 07:18

おはようございます

題名から直ぐ「あっくん」を連想してしまいましたが、ハズレましたねえ(*^^)v

肝臓も優しく労わってやってくださいね。

投稿: poohpapa | 2005.08.22 09:08

おお、何かすごくいいぞ!
一皮むけて、切ない愛の「語りべ」
になってきたじゃないか!!
ううむ、進化していると思うぞ!

ただ、相変わらず「愛を語る」場所が、
「酒」と「便器」と「ゲロ」だけど(爆)!

せめて誰もいない夜の公園で
白いハンカチを握り締めてとか・・・
無理か・・・やっぱ・・・・。
ごめん、相手間違えたわ。

投稿: O氏 | 2005.08.22 21:46

>渋谷・千歳会館の洋風居酒屋
懐かしい。。。
思わず回想モードに。。。
おいらの青春はそこにあった。。。
あと新宿の東亜会館にも。。。

投稿: しげちん | 2005.08.23 11:32

24歳のOLと付き合える浪人生・・・。
私にはそんな余裕はありませんでした(涙)。

ちょうど10年前に1年浪人しているのですが
それはもう修行僧の様な1年を過ごしましたよ(笑)。

しかし・・・便器を抱えてって・・・(^-^;A
肝臓は病気になると治りにくいですから
気をつけて下さいね。

投稿: 株トムシ | 2005.08.24 00:46

とても心優しい年下の彼氏だったんですねぇ。
気を許して、彼氏の暖かく(?)見守る前で酔いつぶれて仕舞ったのですか。そして、彼氏の部屋へ。しかし ・・・ 事態は思ったほどの展開を見せなかった。ほろ苦い思い出。(笑)
向き合っている便器が恨めしい。(爆)

だけど、彼氏って動物としての男なのだろうか?
こんなに良い状況にありながら手を出さないなんて、あほ。(笑

投稿: keichan | 2005.08.24 21:15

■あっくん

思いだすだけで胸がキュン……オエッとなるような
切ない、切ない思い出いですよ。

■poohpapaさん

残念でした。あっくんと知り合う前ですよ。
でもねえ、私のまわりの男ってみんなこんな感じ。
優しくって繊細で面倒見がいい(笑)。

■O氏

誰もいない夜の公園で握りしめるのは
白いハンカチじゃなくって、チンコだと思うのですが。
私的にはそうだと主張したい。

■しげちんさん

新宿のあそこらへんはたくさんのディスコがありましたね。
16〜18歳まではXENONやニューヨーク・ニューヨーク、
G.B. RABBITS、ナパJなんかで遊び、その後六本木のAREA、
J-CLUB溜池などに出没していました。
ひゃ〜、なつかしいなぁ。

■株トムシさん

結局、その浪人生は私と出会ったがために、
浪人を辞め、就職しましたよ。ああ、罪な女……。
いまごろ、どうしているんでしょうかねえ。

■keichanさん

いや、たぶんゲロくさくて手も出したくなかったんだと
思いますよ(笑)。
就職しました。

投稿: poron | 2005.08.25 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みが怨めしい | トップページ | 雨のなか、プールの撮影 »