« ミドリの舌を持つ女 | トップページ | 男の領域 »

ブリ照りとふきの煮物

 少しは風邪がよくなったな、と油断したのがいけなかった。昼ごろから調子がイマイチだなとは気づいていたが、夕飯を作るころにはカラダがだるくて立っているのもつらい。出前でもなんでもいいから、夕飯は勘弁してくれないかなあと思いつつも、プリプリでうまそうなブリが一切れ100円だったから買ってきちゃったんだよね。ここ数日、夫が「ブリ照り〜、ブリ照り食いてえ」とうるさかったのだが「まだ高い。一切れ100円になるまで我慢しろ」といっていたのだ。

 スーパーにクルマを横付けすると、魚屋が店頭セールをしていた。ダミ声でつるっぱげのおっさんが「奥さん、今日はブリが安いよ。こんだけいいブリがなんと100円! 買っていかなきゃ損だよ」なんて叫んでいるものだから、買わないわけにはいかない。スーパーに入ると今度は「3Lサイズ ふき 99円 本日限り」の札が。ああああ、ふき! 娘が好きじゃんかよう。しかも、お前、刀かよと思うほどの特長サイズ。私の身長ぐらいある。片手で持つとマサイ族みたいだ。

 かくして、風邪で朦朧となりながらブリの照焼きとフキの煮物を作るハメに……。ブリの照焼き自体はむずかしいものじゃないけれど、体力が消耗しているカラダで作る大根おろしはつらかった。ふきの煮物自体はどうってことはないけれど、下ゆでしたり、皮をむいたりが面倒。でも、がんばったよ、母ちゃんは。

 食器の片づけを夫に頼み、8時には布団に入る。「今日、私の誕生日だったんだよなあ。誕生日にブリ照りとふきの煮物か……。ま、いいか。いまさらケーキって歳でもないし」と思っていたら、娘がトコトコと寝室に来て「ママ、明日ケーキね」とささやき、再びリビングに戻っていった。こうなったら、ロウソクの代わりにケーキにふきでもオッ立ててやるか。

|

« ミドリの舌を持つ女 | トップページ | 男の領域 »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます。(苦笑
私は結婚記念日に、おたふく顔でした。

投稿: tsuyorin | 2005.11.30 08:36

お誕生日おめでとうございます。
風邪引いていると沢山(?)のローソク吹き消すのも、大変そう^^;
父ちゃんが風邪引いても全然困らないけど、母ちゃんが風邪引くと、我が家が機能しなくなります^^

投稿: みっちー | 2005.11.30 09:04

お誕生日おめでとうございます。
なんのかんのといって、娘さんが忘れてないところがかわいいじゃないですか!
夫のブリ照り&娘のフキ煮物
……頑張った母ちゃんにいたわりを!
祈:風邪全快

投稿: さり | 2005.11.30 10:04

コメント遅くなりましたが、必殺返し!

■tsuyorinさん

こう歳を重ねると誕生日も結婚記念日も
どうでもよくなっちゃいませんか?
うちなんか、結婚記念日を祝ったためしナシ。
今年も気づいたら過ぎておりました。

■みっちーさん

そうそう、母親が寝込むと悲惨ですよねえ。
それでも昔からくらべるとコンビニや飲食店も多くて
食べるものには困らなくなったかも?
うちは夫はほとんど寝込まないんですよ。風邪ひいても。
私のほうがデリケートなんでしょうね(笑)。

■さりさん

バースデーメールありがとうございました。
さりさん以外すべて、会員になっている商用サイトからの
お祝いメールでした(笑)。

投稿: poron | 2005.12.06 02:15

子供って、子供なりに考えているんだなあと思わされることしばしば。
「喜ばせたい!」という衝動って人間特有のものなのかもしれませんね。
お子さんの気遣っている仕草がなんとも心温まりました(笑)。

リンクは「後先考えていないとある兄弟」のお話。

投稿: コロラド | 2005.12.13 01:04

■コロラドさん

リンク先、読みました。
この方のお母さん、絶対に覚えているでしょうね。
大人になると、ついつい高級品ばかり買って
自己満足なプレゼントをしてしまいますが、
親って値段じゃないんですよねえ……。

ちなみに私が母に最初にあげた誕生日プレゼントは爪きり。
100円玉を3枚持って、近所の化粧品屋さんへ。
おばちゃんに「口紅ください」といったけれど、
お金が足りなくて買えなかったんですね。
で、おばちゃんが300円で買えるものを店中から集めて
並べてくれたんですよ。それを1時間悩みに悩んで
ようやく買ったのが爪きり。喜んでくれました。
母はあとで化粧品屋のおばちゃんから、爪きりを買うまでの
話をすべて聞いたようです。

あのころ、私の買い物に嫌な顔せずに付き合ってくれた
化粧品屋のおばちゃんには感謝。
昔の商店ってそういういい雰囲気がありましたよね。

投稿: poron | 2005.12.13 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミドリの舌を持つ女 | トップページ | 男の領域 »