« 屁は死の香り | トップページ | 血は水よりも濃し »

毛布

 広島のお義母さんから荷物が届いた。保育園から帰ってきた娘が、ウキウキしながら荷を開ける。たぶん、毎月送ってくれている幼児雑誌だろう、と思っていたら……。

「ママ〜! 毛布! 毛布がはいってるう〜」

 は? 毛布? あの小さい箱に毛布なんか入っていたんかいな。どれどれ……。


DSCN4483


 それ、ユニクロのフリースなんですけど(笑)。おばあちゃんがオマエのために送ってくれたというのに、毛布はないでしょうよ。お義母さん……、すみません。


|

« 屁は死の香り | トップページ | 血は水よりも濃し »

「娘ネタ」カテゴリの記事

コメント

この時期、なんだか肌寒いのでフリースは重宝しますよねぇ。
・・・毛布だなんて、なんだか可愛らしくて面白い発想ですねぇ。
確かに毛布っぽいかも(笑)。

しかし・・・いいお祖母さんですねぇ(羨)。

投稿: 株トムシ | 2005.11.02 20:48

良い感じのフリースですね。
子供って、自分が知っている単語で表現しよ
うとするから、可愛いですよね。外国人が、
日本語を話すみたいに。

投稿: みずみず | 2005.11.03 10:33

■株トムシさん

ドロンコまみれで遊ぶ娘がいると、
洋服はいくつあっても助かります。
夫がお礼の電話をかけたときに、毛布の話をしたら
大笑いをしていました。>おばあちゃん

■みずみずさん

子どもの表現っておもしろいですよね。
少ないボキャブラリーでめいいっぱい訴える。
間違っていても、本人は自信満々だし(笑)。
昨日も娘は「府中」のことを「シチュー」といってました。
やっぱり、自信満々に。

投稿: poron | 2005.11.07 17:28

わはは! 自信満々ですか(笑)
そういえば、自分は間違ったこと言ってないと思っているのに
瞬時に大人に笑われたことって、結構ありましたね。
あれって子供心にショックがそこそこ大きかったような記憶があります。
「なんで笑われるの?」みたいな。

シチュエーションにもよりますけれど、
基本的には、発言の真意を察知してあげて、
「これは これこれ こういうもの」と
教えてあげたいなとも。

自分に自信を無くして発言しなくなるよりは、
間違っててもいいから(知らないわけですし)
「自信満々」で、今できる表現を精一杯してほしいなと思いました。

ほほえましい、何気ない日常の会話、
ごちそうさまでした。

投稿: コロラド | 2005.11.09 01:46

■コロラドさん

うちの娘は図太いんでしょうね、笑われると
わざと間違ったいい方を連呼して、ひとりでゲラゲラと
笑っています。昨日もぶつぶつ何かをつぶやいては
ひとり笑っているんで何かと耳をすませたら
「ぶたーこい、ぶたーこい」と……。
「ぶたーこいってなんじゃ? 呪文か?」と聞くと
ワヒャヒャヒャと笑っていました。意味不明ですわ。

投稿: poron | 2005.11.14 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屁は死の香り | トップページ | 血は水よりも濃し »