« 毛布 | トップページ | ポーズで遊ぶ »

血は水よりも濃し

 男勝りでがらっぱち、喧嘩早くて波瀾に富んだ人生を歩む。生真面目で無口な父親と、明るくて家庭的な母から生まれたにしては【何かが違う】ような気がしてはいたのだが……。

 父と母と弟の血液型はA型、私はO型……。しかも両親が「多摩川を散歩していたときに、段ボールに入ったお前が流れてきたんだ」などと作り話をするため、血液型についての知識をロクに持っていなかった私は、自分を「本当の子じゃない」と信じていた。父はバツイチで母と結婚。だから「私は前妻の子なんだ」と納得する。

 高校生になってもそんなことを信じている私を見て、あきれた母が戸籍謄本を取り寄せた。そして、このくだらない「薄幸の少女」物語は終わりを告げたが、それでもただ何となく【両親と似ていない部分】を感じとっていたのである。

 ……そして昨日、ひょんなことから自分のルーツを知ることとなる。親戚のおじと父との会話で、愛人と九州に住んでいた祖父の話が出てきた。「ところで、おじいちゃんはいつごろ家を出たの? 愛人を作ってから? それとも他の原因があったの?」と聞いたところ、小一時間に渡って鶴男(おじいちゃん)の半生を聞かさせる羽目になった。

 鶴男は戦前、弁士(無声映画の語り手)や遊廓の用心棒(地廻り)などもしていたそうだ。地廻りとはいわば、遊廓周辺をごろつくチンピラみたいなもの。女にはモテるが、年中喧嘩ばかりの生活を送っていたという。そんな鶴男にも好きな女ができ、私の祖母と結婚する。そして、父が生まれ「いつまでもこんな生活は続けていけない。カタギになろう」と足を洗った。しかし、しょせん町のチンピラだ。工場に勤めたものの、長続きせずに辞めてしまう。

「弁士をやっていただけあって、口がうまいんだから商売でもやれよ」

 そんな誘いに応じて始めたのが、地方を転々とするテキヤの仕事だ。戦後、全国的な組織であった全日本飯島連合会(現在の飯島会)に身を置き、盛り場などでさまざまなものを売っていたという。

「足を洗ったのに、結局ヤクザになったわけ?」

 そう聞くと父とおじは「実はそうだったんだよ」と苦笑いをした。宴会があると、殴り込みを警戒して座布団の下にドスを忍ばせながら酒を飲んでいた鶴男。幼いころからほとんど家にはおらず、父が17歳のときに博多に店を構えたきり、東京に戻ることはなかった。そして、その後は愛人とともに暮らし、お骨になって帰ってきた。

 酒、博打、女、喧嘩……。わずかな金だけを東京に送り、好き放題の一生を過ごした祖父。そして、そんな祖父とは違う人生を歩もうと、夜学に通い警察官になった父。真面目で努力家の父の血を引く私が、なぜヤクザなライター稼業をし、酒に目がない豪快な人生を歩むのか。「なぜ両親と違うのか」「いったい誰に似たのだろう」という長年の疑問に、ようやく合点がいった。鶴男の血を受け継ぐ女、それが私なのである。

|

« 毛布 | トップページ | ポーズで遊ぶ »

「家族ネタ」カテゴリの記事

コメント

ちょっと身を引きそうに成ったkeichanであるが(笑)、poronさんの読者である事に変わりは御座あぁーません!(爆)
良かったですね、自分のルーツが判って。


投稿: keichan | 2005.11.07 21:45

そういうルーツがあったんですねぇ。
(でもご両親の真面目さと優しさも受け継いでいるのでしょうね・・・とコメント等から思います。)

その時代の人って結構多いですよね、好き勝手生きている人・・・。
でも根っからの悪人でなくてどこか憎めない人・・・。

私事ですが、私の祖父もそうでした。
おかげで長男の父は大変な人生を歩むことに・・・。

投稿: 株トムシ | 2005.11.07 23:05

ああっ、何だか親近感が♪

投稿: へらコブラ | 2005.11.08 00:23

姉さん、姐さんという呼び方は間違いではなかった・・・
ご存命であれば本一冊書けたのにね。

投稿: あっくん | 2005.11.08 06:33

幼い頃は「あなたどこの子?」と親からよくからかわれていました。
体格の問題で(笑)。今は見る影も無いけど。

酒、博打、男、喧嘩、ヤクザ稼業・・・そんな豪快な人生は、
poronさんご自身が作りあげたもの!
祖父・鶴男さんとは偶然似ただけです!

「じゃ、仕方ねえな!」みたいな、
開き直りは厳禁です(笑)

投稿: コロラド | 2005.11.09 01:57

■keichanさん

ええ、なんだかスッキリいたしました。
これで心置きなく暴れられる、ってもんです。

■株トムシさん

株トムシさんのおじいちゃんもお仲間(笑)でしたか。
戦前戦後はこういう人って多かったんでしょうね。
今のヤクザとはずいぶん違っていたんだと思います。

■へらコブラさん

今度ぜひ兄弟杯を交わしましょう。

■あっくん

話をきければ、ネタ的におもしろかったでしょうねえ。
いろいろ武勇伝があったんだろうな、と。

■コロラドさん

鶴男のせいにしちゃダメなんですね(笑)。
じゃあ、やっぱり「仕方ねえな!」

投稿: poron | 2005.11.14 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毛布 | トップページ | ポーズで遊ぶ »