« イタリア人の…… | トップページ | GWに起きたこと »

戻れぬ道

Dscn4872_1 intel iMac 20インチを買った。そろそろ新しいMacを……とは思っていたものの、踏ん切りがつかないでいたのだが、先日やった仕事のギャラが予想以上に高額だったため、勢い余って注文しちゃったわけだ。勢い、というものは本当におそろしいと思う。しかし、さすがに20万を超える買い物をネットでポチッとするのはさすがに緊張する。最後の最後で「このままポチッとしていいのだろうか。もう1度、考え直すべきなんじゃないだろうか」と腰が引けた。もう、振り込め詐欺のカモみたいな気分。

 このiMac、本当はapple storeでメモリを増設して注文をするつもりだったのだが、10%のギフト券還元がある、ということで、Amazonで購入することにした。ギフト券で周辺機器が買えるし、メモリは後から自分で刺せばいいからね。

 実は、腰が引けたのは「Amazon」が原因である。今回、クレジットカードではなく、ネットバンキングのからの現金払いを選んだのだが「ネットバンキング払いの商品を返品するときは、Amazonギフト券での返金となります」と書かれているの気づき、腰が引けてしまったのだ。……208,910円だよ。ギフト券で返してもらってどうする。そんなわけで、さんざんモニタの前でうなったあげく、ポチッ。

 もう返せないよ。いや、絶対に返すもんか。ギフト券なんていらねえ!

 ……とここまで書いて、下書き保存していたところ、inteliMacがダウン! なんと画面が青くなったきり、起動できなくなってしまった(長年使っていたimac DV SEでこれを書いています)。Appleサイトでいろいろと調べてやってみたもののお手上げ。仕方がないのでサポートに電話し、指示通りにこれまたいろいろと試すもお手上げ。挙げ句の果てにはオペレーターの指示通りに再起動してみたところ、ファンがものすごい勢いで回りだし、止まらなくなった。ものすごいファンの音の中、電話をしているもんだから、自然と叫んでしまう。

「ブァァァ〜! ファンの音がすごいんですけどお!」
「ブァァァ〜! 電話でもよく聞こえます!」
「ブァァァ〜! まるで台風みたいです!」
「ブァァァ〜! すごい音ですね!」
「ブァァァ〜! ひどいですよお!」
「ブァァァ〜! 止まりませんか?」
「ブァァァ〜! 止まりません!」

 結局、inteliMacは届いてからたったの1週間で修理行きへ。うううっ、返したいけど返せない。ギフト券20万円分なんて欲しくない。

|

« イタリア人の…… | トップページ | GWに起きたこと »

「雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり返金は現金ですよね。
ギフト券なんぞ、ねぇ…
現金5万円で引き取りますがどうでしょう?

投稿: あっくん | 2006.04.29 07:25

パソコン関連は「価格.com」で
調べると便利ですね~。
http://www.kakaku.com/
この間スキャナを最安値でゲット。

にしても、poronさんにはネタの神様でも
付いているんでしょうか。
タイミングがすごすぎです。

純正品オンリーの Macは
「お金持ちが使うもの」という信念により(?)、
私はもっぱらWindows派であります(^^;>

投稿: コロラド | 2006.04.30 19:58

ご無沙汰しております。

この場合、通信販売による売買のためクーリングオフは適用外なので辛い所ですね。
ちなみに通常の使用の範囲内でっていうか記事の状況だけ見れば明らかに
「初期不良」と言う事で「修理」ではなく「交換」であるべきなのではないかなぁ・・・

6年ほど前、N◯CのPCを買ってVisualBasicをインストールしようとしたところ
CDドライブが動かなくなる現象があり、修理に出そうとしたところ
母が(関係ないのに)怒りだし、販売店ではなくN◯Cに直接文句を言い
修理でなく交換になりました・・・
しかも届いたのはちょっと機能のUPした機種・・・
恐るべし(爆)。

投稿: よっつぁん | 2006.05.04 13:48

■あっくん

古いほうのMacなら、5万円で譲りますよ(笑)。

■コロラドさん

価格.com、私もよくチェックしています。
私はwindowsを使ったことがありません。
(父のノートをいじることはありますが)
……というのも、ここ数年は出版業界でもwinを
使うことが増えましたが、10年以上前から
「出版業界=Mac」だったので、ずっとMacだけ。
確かに高いですよね。マシンもソフトも。

■よっつあんさん

中1日で修理から戻ってきたのですが、
修理結果は「ハードディスク交換、OSリストア」でした。買って1週間でハードディスク交換って
どういうことよ? つーかんじです。

投稿: poron | 2006.05.08 10:38

> 「出版業界=Mac」
そうだ!思い出しました!
出版業界にいた頃、
なぜかウチの部署だけ全員Windows だったんです。
編集部で初めて使った文書ソフトは一太郎でした。
今のメインの Word より使いやすかったかも。

画像編集用として MAC が
編集部に一台だけありました。
後半はHDがへたってきたせいか、
よく「爆弾マーク」が出ていました(笑)。

私が業界に絡み始めた頃は、
大きなトレスコ台で汗をかきながら
写真のアタリを取っていたのに、
いつの間にやらデータ入稿が可能になって、
トレスコの必要がなくなっちゃった頃でした。

画像のやり取りに関しては、
今ほど大容量メディアがない時代
(CD-R が普及しはじめた頃)、
でしたから、MAC で使えるMOの
威力は絶大でしたね。
600MB で書き換え可能でしたから。

MAC に慣れると Win は使いづらいでしょうね。
今でも身近な人から Win は使いづらいといわれます。
Win も慣れれば右クリックがかなり使えるんですけど(笑)。

丈夫な MAC が来るといいですね。
ネタにはならないですけれども(笑)。

投稿: コロラド | 2006.05.09 03:22

■コロラドさん

すっかり亀レスでごめんなさい。
私が編集プロダクションに入ったころは、
まだトレスコが当たり前でしたが、
私自身はほとんど使いませんでしたねえ。
トレスコよりも歯送り表とかQ数表とかを
駆使して仕事をしていました。
ああ、なつかしい。今でも歯送り表、保存してます。

Macはハードディスク交換後、修理のみで戻って
きました。購入1週間でハードディスク交換って
ちょっと納得いかないのですが……。

投稿: poron | 2006.05.19 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタリア人の…… | トップページ | GWに起きたこと »