« 原稿に対する対価 | トップページ | ○ちゃんちのおうち〜! »

忍び寄る魔の手

携帯電話に見慣れぬ番号の着信……。12年もの間、携帯電話の番号をかえていないと、年に2〜3度は「昔の知り合い」からの電話がかかってくる。

「あ、覚えてる? オレオレ」

 あのな、オレオレ詐欺じゃないんだから。どうして男というものは、何年も連絡を取り合っていない昔の女友だちに電話をかけたがるのだろうか。決まって「携帯電話の番号を整理していてさ〜」とか「手帳を見ていたら、なつかしい名前が出てきてさ〜」といいわけしながらかけてくる。こうした電話をかけてくるのは、ほとんどがまだ独身を貫いている男。結婚している男は決して昔の女友だちに電話なんてしない。わざわざ、ホコリを舞い立たせるようなことはしない、というわけだ。

 なつかしんでくれるのはうれしいけれど、結婚してすっかり肝っ玉かあさんになった私に、どうしろというのだ。先日、電話をかけてきたSくんも「結婚して子どもが産まれたんだよね。その後、どうしてる?」と聞いてきたが「元気だけど」と答えるしかない。

 Sくんは某住宅メーカーの技術職をしていた男で、ときどき新宿で飲んでいた「飲み仲間」だ。べらんめえ調のいかにも職人気質な男なのだが、会社を退社して自分で会社を興し、下請けとしてがんばっているらしい。私が結婚するころ、Sくんもつきあっている彼女と結婚間近と話していたので、とっくにいいお父さんになっていると思っていたが、どうやらその直後、破談になってしまったらしい。苦労の甲斐あって、ようやく仕事も軌道にのり、今じゃ年収1000万を超える独身男。

「金はあるし、マンションもあるけど嫁がいないんだよなあ」

 そうつぶやくSくんをちょっと励ましてみる。大丈夫だよ、キミならいいお嫁さんが見つけられるって。

「最近さあ、もうバツイチ、子連れでもいいやって思っているんだけどよう」
「ふうん」
「だから、いろいろと相手を捜しているんだけど、なかなかいねえんだよ」
「ああ、そうなんだ」
「最近の出会い系サイトには、バツイチ専門っつーのもあって……」
「は?」
「そういうところに書き込んでいる女の人っつうのは、意外と本気なんだよな」
「出会い系……?」
「メールのやりとりとかしているんだよ、オレ」
「へえ……(出会い系で嫁探しはまずいだろ、オマエ)。」
「ところでさ、そっちはまだ円満?」
「は?」
「離婚とか、はない? ワハハ」

 ……あ、そういうことだったのね。なつかしいとかなんとか、じゃなくて要は「出会い系サイト感覚」で電話をかけてきて、挙げ句の果てには「離婚したか」をチェック。たとえ、離婚して母子家庭でいたとしても、アンタと結婚するなんてあり得ないから。

「今度よう、子連れでいいから、お茶しねえ?」
「は?(ダンナはどうしろと……)」
「海とかでもいいぞ」
「……(なにいってんだ、コイツ)。」
「飲みに行くのは無理だよなあ」

 私が電話をかけている横では、風呂から上がって真っ裸で走りまわる娘と、電話の相手を気にしつつチンコを拭く夫。離婚? あり得ない。子連れで昔の男と会う? あり得ない……。

|

« 原稿に対する対価 | トップページ | ○ちゃんちのおうち〜! »

「友人ネタ」カテゴリの記事

コメント

ワロタ!

男は昔の女に電話するけど、女は昔の男には電話しないよね。
それでも女から電話があるときは決まってお金か選挙の話です。
数年に一度は必ずそんな電話が…

投稿: あっくん | 2006.05.23 18:21

相変わらずのネタの宝庫というべきか、強烈です。読んでて頭痛がしてきました。

登録されていない電話は絶対取らないようにしています。留守録センターに録音できる設定なので、困ることも特にないです。poron さんの場合、職業柄そうもいかないのでしょうけれど。

この電話の主については poron さんが「「出会い系サイト感覚」で電話をかけてきて」と看破されているとおり、poron さんに対して無礼千万な扱いをしているわけです。「出会い系」と同列扱いしている事実に、電話の主は気づいていないんでしょうなぁ・・・。

とゆーか、なんで惚れてた相手の幸せを願ってやれないのか、と。相手の「離婚」という不幸を願っている時点で、もう最低最悪。酷い奴だとしかいいようがない。

ホントかどうか判断はできないけれど、「苦労」して、「会社を興し」て、「年収1000万」以上を稼げる人物が、「出会い系サイト」で嫁を探し、あまつさえ昔惚れた(と信じたい)女の不幸を願う男であるとは。

「自分だけ」じゃ、幸せにはなれないと思うけど、幸福感そのものが主観的な感覚だから、外からは量ることはできないか。

なんともかんとも、こんな男ばかりなのかと、考えさせられます・・・。

投稿: コロラド | 2006.05.24 01:37

あー、おもしろい。
またporonさんのギャグが炸裂したー。

男女の本質的な違いを端的に示した出来事かも・・・

でも、「最中」のご家族の描写がすごい。。。
ご主人は他の「部位」も拭いていたと思うんだけど。
髪とか背中とかさあ。。。

投稿: s夫 | 2006.05.24 07:31

我が家の3人の男供も、フルチ○は当たり前ですwww
しかし、そんなに金持っているんなら、出会い系じゃなくて、お見合い登録会とかにン十万円払えばいいのにねー。。。

投稿: みっちー | 2006.05.25 09:53

初めてコメントします。お気楽主婦のまきちです。よろしくお願いしまーす。
私の知り合いでも似たようなケースがあって。向こうの彼はバツ一なんだけど、離婚前も後も、友人の彼女に連絡を取り、怪しい付き合いをしています。
知り合ったのが、今のだんなより早いとか、付き合いは長いとか、そんなことでよりが戻ると思っているのか・・・いい年して、なんか哀れ。

投稿: まきち | 2006.05.27 16:14

■あっくん

そういえばお金の工面とか選挙のことで電話するのって女のほうが多いよね。うちも選挙のときは電話が来ます。たいていはナンミョウ系ですが。

■コロラドさん

いやいや、惚れたはれたという関係じゃなかったんですよ。ホントに。でも、テレクラとか出会い系感覚で電話をしてきたのだと思います。ま、暇だったんでしょうね。

■S夫さん

電話の最中、ふと見たら拭いていたんですよ。チンコを。たまたま、タマタマ、ですね。

■みっちーさん

3本ものアレがブラブラと揺れるのは壮観でしょうね。たまには夫以外のも見たいものですな。みっちーさんちに遊びに行きたい……(笑)。

■まきちさん

はじめまして。私の場合、つきあっていたわけじゃないので、寄りが戻るとかはあり得ないんですが、不倫はよくないですよねえ。若かりしころは当事者でしたが、面倒だし後々、嫌な思いをしたので、もう凝りました。不倫の結果、幸せになれた、というのは極少数じゃないかしら?

投稿: poron | 2006.05.31 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原稿に対する対価 | トップページ | ○ちゃんちのおうち〜! »