« 感染性胃腸炎 | トップページ | 親心は複雑である »

お泊まり保育の夜

 親戚の叔父からお見舞いにもらったメロンに貼ってあった「クダモノ999円」の値札を見て「ケダモノ999円」と読んでしまったporonです。みなさま、クソ暑いなか、いかがお過ごしでしょうか?

 おかげさまで娘は1週間の絶食&3日間のおかゆ生活を経て、無事に登園するようになりました。いやあ、親子ともども死にそうな10日間だったよ、ホントに。結局、娘が楽しみにしていたお泊まり保育は行けずじまい。あまりにかわいそうなので、みんなが夕食のカレーを作っているころ、飯ごうでおかゆを炊いて、家でキャンプ気分を楽しむ。

 園長先生から「夜、調子がよかったら少しだけでも顔を出したら?」と電話をもらい、1時間だけ見学に連れていくことできた。なんせ、1週間の断食&寝たきりの後だったので、とても歩いていける体力はない。保育園まで徒歩1分の距離で、タクシーを頼むわけにもいかず、頼りの夫は三重への出張で留守。そんなわけで、5年ぶりにベビーカーをひっぱり出して、ズルズルと押していく。いくらやせたとはいえ、20キロもある娘だ。使用制限2歳未満のベビーカーに座り、ゲロ防止に風呂の手桶を抱えた娘の姿を見て、思わず笑ってしまう。すげー目立つ!  なんかカッコイイ!

 夜とはいえ、蒸し暑いなか、私はベビーカーに6歳児を乗せて、保育園へ。ホールには22人の子どもたちと、10数人の先生が集まり、これから「電気を消した保育園の探検」をするところだった。娘の姿を見ると、子どもたちが「キャー」「ワー」といいながら、抱きついてきた。まるで、来日したハリウッドスターのようにモミクチャ。

「○ちゃんが来た〜!」
「どうしてお休みしていたの?」
「どうしたの、お腹痛いの?」
「なんでベビーカーなの?」

 子どもたちは口々に質問しながら、ギューっと抱きしめる。うれしいんだけど、あまりの騒ぎにちょっとビックリしている娘。……と、そのとき女の子のAちゃんが大きな声で怒りだした。

「ちょっと! ○ちゃんはね、お腹が痛いのよ! あんまりギューってしちゃダメでしょっ!」

 ものすごい剣幕で怒るAちゃんの迫力に負け、後ずさりする子どもたち。するとAちゃんはニンマリ笑って、娘にギュッと抱きついた。

「なんでお泊まり保育に来ないのよう。さみしかったよ……」

|

« 感染性胃腸炎 | トップページ | 親心は複雑である »

「娘ネタ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは。
以前から楽しく拝見してます。
娘さんのご快癒安心しました。
コメントから、自分もタオルの管理を気をつけようと!

ケダモノ→クソ暑い→ゲロ防止の風呂桶ときて、
「さみしかったよ……」で締められてしまったので、
なんだかイチコロなのでした。泣けました。
病後が大事だと思いますので、引き続き安静になさってくださいね。

投稿: sumi | 2006.07.14 13:57

まぁ、良かったですね。
しかし、何でもありなこのブログ。
ウィルスにやられていないのに、お腹痛いですwww

投稿: みっちー | 2006.07.15 00:17

poronさま 初めまして
Cyberと申します。
ココログ騒動の頃から、悪徳さん経由で毎日拝読しております。
お嬢様、大事に至らず良かったですね。
今は離れてますが、私の娘も今6歳でして、何かと共感してしまいます。

と、ここで大きく脱線するのですが、誤読、、私も有ります。
某ファミレス前をチャリで通過した時、「うなぎのひまつぶし」との幟旗!
「ひつまぶし」でございました ⇒ 眼科直行!
失礼しましたm(__)m

投稿: Cyber | 2006.07.17 05:22

いい話ですね~。。。
また他のエピソードを読む限り、良い幼稚園に通われているようですね。

こういう出来事を知ると、やっぱり子供って、子供なりに考えて行動しているなあと感じます。幼稚園生になると、入園前より入園後のほうが、幼稚園という社会にもまれ、考える能力がグンとあがるんだなと。

街中でも何気に子供たちの動き・言動をみるに、驚くほど気が付く子供っていますね(年齢と比較して)。子供なりに考え、回答を出して、行動しているんでしょう。すばらしいことだと思います。

あ、そういえば、この頃の子供は、
「**くんとケッコンするー」
「わたしもするー」
とか平気で言っていますねぇ(笑)。あれは好きという感情半分、男の子が照れるのをみて楽しんでいるのを半分、なのでしょうかねぇ(笑)。

投稿: コロラド | 2006.07.17 15:11

いやあ、快復何よりです。ほっとしました。

投稿: O氏 | 2006.07.17 22:15

■sumiさん

はじめまして! イチコロにさせてしまったporonです。病後は免疫力が落ちているので、別の病気になりやすいようですね。

看病疲れで親が病気になるのことも多く、やはり元気の秘訣はよく食べ、よく寝ることなのかもしれませんね。

■みっちーさん

うちのblogが腹を痛める作用があるとは思いもよりませんでした。感染力が高く、治癒は見込めません。お大事に(笑)。

■Cyberさん

ようこそ! poohpapaさんからはよくお話は聞いていますよ。娘さんと離れているとのこと、blogで読ませていただきました。せつないですねえ。会いたいでしょうに……。

ところで、私は誤読というのは、そのときの深層心理も関係しているんじゃないかとにらんでいます。……となると、ひまつぶしと読んでしまったCyberさんは、そのとき忙しかったのかな。ケダモノと読んだ私の心理? ご想像にお任せします(笑)。

■コロラドさん

ご心配をおかけしました〜。子どもって大人と違い、世界が狭い分、観察能力や行動力はものすごいです。ドキッとさせられることが多いですもの。

ところで、どうでもいいことなんですが、娘が通っているのは保育園で、幼稚園ではないんですよ。幼稚園は文部省管轄の教育機関、保育園は厚生省管轄の福祉施設。似て非なるものなんですが、わかりづらいんですよね。
参考URL
http://www.happy-mama.com/29_feat/040227/01.html

■O氏

メールもらっていたのに、返事出せなくてごめんよう。そちらの腹具合(懐じゃない)はいかがでしょうか。すでに夏バテの人もいるようなので、ご自愛ください。

投稿: poron | 2006.07.18 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感染性胃腸炎 | トップページ | 親心は複雑である »