« 叱り屋稼業だったころ | トップページ | 以心伝心 »

いいんだよ

Dscn5175 税務署から更正通知書が届いた。「更正」という言葉=「いいんだよ」by夜回り先生をイメージするが、別に生き様を更正をしろってわけじゃなく、どうやら所得税の更正をしましたよ、というお知らせらしい。

 通知書には「この処分の理由」という、とてつもなく恐ろしい文言が書かれていて、なんだか死刑宣告されたような気分になってしまったのだが、その内容は「株式会社○○の源泉税44,000円を追加して更正します」というもの。会社の名前を見て、思い当たる節があった。

 サラリーマンなどと同様、私たちフリーランスのギャラは、源泉税(支払い金額が100万以下の場合は10%)が差し引かれている。源泉税はいわば「税金の預かり」みたいもので、ギャラを支払う会社は預かった源泉税を税務署に納付し、私たちは確定申告で「すでにこの分の源泉は支払い済みですよ」と申告する。年間の所得や経費を計算した結果、税金を払いすぎていれば還付されるし、足りなければ納付することとなる。

 ところが、処分理由に書かれていた会社は1度たりとて源泉徴収をしていなかった。ギャラの年間総額462,000円に対して一銭も……だ。初回振込時に源泉されていないことに気づいた私は、すぐさま取引先へ電話して「源泉が引かれていませんよ。そちらは源泉徴収する義務があるので、きちんと10%引いてください。じゃないと、確定申告のあと税務署から指導され、追徴課税されますよ」と説明した。でも先方は「経理と法務担当に確認しましたが、源泉の必要はないとのこと。確定申告時にそちらで処理してください」と答えた。

 いや、別にいいんですけどね。こちらで「源泉徴収されていない金額」を申告すれば済む話だから。でも〜、そちらは会社だし〜、絶対に後で面倒なことになるんだけどなあ……と思いつつも、どうにもならないのでそのままのギャラで受け取り、確定申告できちんと申告しておいた。

 たぶん、この件だろうと思ったが、念のため税務署に電話をしてみる。 電話口に出た税務署員に事情を伝えると「それはたぶん、あなたが出した確定申告書の計算ミスだと思いますよ」という。いや、そんなはずはないんですけど。だって確定申告書は国税庁の【確定申告書等作成コーナー】で作ったんだから。そもそも、この株式会社○○ってところは、一銭たりとて源泉徴収していなかったんだから、源泉徴収額が増えるわけがないでしょう。

 そう伝えると「お調べして担当官から電話させます」といい、電話を切った。しばらくして、なんだか元気いっぱいなオヤジから電話がかかってきた。

「あ、○○さーん? 武蔵野税務署の○○です。あのねえ、その件ねえ、上野の税務署から書類がまわってきたんですよ〜。その処分理由にかかれている株式会社○○がですね、本来徴収すべき源泉税を、ちゃんと徴収していなかったんでね、追徴課税になったんですよ〜。それでね、その株式会社○○から源泉税を受け取りましてね、その結果、あなたに還付すべき金額が44,000円、増えたってことなんですよ〜」

担当税務官は続けてこんなこともいった。

「もしかしたら、取引先から『ギャラの振込時に引いておくべきだった源泉税を引いていなかった。後からこちらで払ったから返してください』っていわれるかもしれませんよ。だってその会社はあなたに多く支払っちゃっているわけでしょ? え? 何もいってきていない? じゃ、いいんだよ。今さら請求できないと諦めたんじゃないの〜?」

 あわてて取引先にも電話してみたところ「以前、そちらから源泉引くように、さんざんいわれていたのに、必要がないと源泉徴収しなかったんですよねえ……。いいんです、うちのミスですから。そのまま受け取ってください」といわれた。

いいじゃない、いいんだよ……。人はね、正直に生きてるのがいいんだよ。誰かを傷つけてもないから大丈夫だよ。 昨日までのことはみんないいんだよ。まずは今日から、税務署と一緒に考えよう。還付金の追加っていうのも、いいもんだよ……。

 ……そんな夜回り先生の声が聞こえたような、聞こえないような。

|

« 叱り屋稼業だったころ | トップページ | 以心伝心 »

「仕事ネタ」カテゴリの記事

コメント

poronさん、そういうのも「あぶく銭」の一種でして・・・、その・・・、今度、パア~ッといきませんか?

いつでも付き合いますですよ。何てったって、私は「熟女倶楽部」会員ナンバー一番なんですから(^^♪

投稿: poohpapa | 2006.08.31 16:28

税務署もたまには良いことしますねぇ......

羨ましい

投稿: へらコブラ | 2006.08.31 19:51

■poohpapaさん

あははは、そうですね。あぶく銭だっ! ……って入金される前にいろいろと計画するのも「捕らぬ狸の皮算用」っていうんですけどね(笑)。

■へらコブラさん

私も税務署なんてもんは「足りねえ、よこしやがれ」ってところだと思っていたんですけどね。びっくりしました。うちの夫には年間ギャラ総額が約100万のクライアントがいるんですが、そこも一銭も源泉していないんですよ。……で、考えることはひとつ。もしも、このクライアント様が追徴されたら……と心配で心配で、夜も眠れません(笑)。

投稿: poron | 2006.08.31 23:14

アブク銭は皆で使うに限ります。
え~っと、スケジュールは…
偶然にもこれから先1年ほど空いてますよ。
いつでも、どこでも、何度でも!

投稿: あっくん | 2006.09.01 20:22

あらら ヾ(=^▽^=)ノ
熟女クラブ集合ですか?
お化粧に時間掛かりますから、早めのご連絡をお願い致しますwww

投稿: みっちー | 2006.09.02 09:59

こんにちは、Sと申します。
(本当は「大変ご無沙汰しております」なのですが、
 この名前では「初めまして」でございます)
poohpapaさんご指摘の通り(?)、
遅ればせながらコメントさせていただきます。

記事にあります「更正通知書」、ホントに珍しいものです。
昨日、税理士仲間に会ったのでその方にも聞いたのですが、
そんなケースの更正は見たことがないというお返事でした。
ふつうは報酬を受けとった人がきちんと申告していれば、
源泉徴収義務者から改めて取ることはないようです。
上野のムショがよっぽど不納付加算税取りたかった、
としか考えられません。

ついでながら申し上げますと、
ご主人様の源泉されていない写真の報酬ですが、
それは結婚式場などで撮影したものですか?
源泉徴収の対象となるカメラマンの報酬は、
「雑誌、広告その他の印刷物に掲載するための写真の報酬」
に限られますので、それ以外でしたら源泉されてないのが
正しい処理になります。
もっとも、雑誌関係であってもご主人様が
ちゃんと確定申告していれば、なんも後ろめたいことはないので、
心配はご無用です(*^_^*)

投稿: S | 2006.09.03 10:04

■あっくん

まだ入金の気配すらありません。新手の詐欺だったりして……。

■みっちーさん

いよいよ熟女倶楽部の始動で〜す(なんちゃって)。どこかの悪徳不動産屋が電話をかけてきては「ねえねえ、熟女倶楽部まだ?」としつこく聞いてくるので、オープンを早めました。あ、うちは1カ月に1度、検査もありますんで、そこのところよろしく〜(笑)。

■Sさん

わざわざコメントありがとうございました。poohpapaさんのblogでは、いつもわかりやすい解説メールが載っているので読んでいましたが、うちにも別ハンドルで訪問していただいていたのですね。気づかなくてごめんなさい。

さてさて、更正通知書のこと。珍しいものだったんですねえ! 私自身は年末に取引先に「年間の入金額」を確認し、その数字と自分の記録があっていたので、そのまま申告したのですが、こんなことになってビックリしています。

以前、夫の取引先が「税務署の指導が入った。次回からは源泉を引かせてもらう」と連絡をしてきたことがあったのですが、すでに取引の終えた分で徴収するのはあんまりないんですね。税務署の面目、とか見せしめみたいな感じもあったのでしょうか? うーん、わからない。

夫の写真報酬については、100万の分は「それ以外」に当たります。ただ、どう考えても「広告」なのに、源泉していない会社が2社(もちろん年間5万円以上になっています)あって、毎年(取引先は)大丈夫かしらと心配しています。

まあ、正直に申告していれば、ビクビクする必要はないのですよね。珍品の更正通知書は大切にしまっておきま〜す。

投稿: poron | 2006.09.06 01:46

熟女倶楽部参加キボンヌ!
会場はどこですか?
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
やるき?
海風?

投稿: しげちん | 2006.09.11 10:00

■しげちんさん

会員制ですので開催場所非公開となります。直接、お申し込みください。たぶん、海風か吉祥寺いせやあたりだと思います(笑)。

投稿: poron | 2006.09.15 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 叱り屋稼業だったころ | トップページ | 以心伝心 »