« ケツセレブ | トップページ | ブラ跡 »

犯罪

 その日、娘には「今日は学童はお休みにしたから、給食を食べたら帰っておいで」といってあった。昼過ぎ、そろそろ帰宅するころかなと時計を気にしながら、仕事をしていたところ、外から子どもの声が聞こえる。女の子の甲高い声……。集団下校をしてきた娘が、マンションの前で友だちと「じゃあね、バイバーイ」などと言い合っているのだと思っていた。……そして、1分後。けたたましいチャイムの音とともに、娘の叫び声。

「ママ! 開けて! 早く!」

トイレでも行きたいのかと思いつつ、あわててドアの鍵を開ける。血相を変えて飛び込んできた娘の言葉は、まったく想像をしていないものだった。

「そこに変なおじさんがいた!」

 どこに? どんなおじさん?何が変だったの? 矢継ぎ早に質問する私に、娘はしどろもどろで答える。

「すぐそこに変なおじさんがいて、こんにちはっていわれたから、こんにちはっていったの」
「マンションの人じゃない。見たことがない人。お客さんだと思った」
「いま、帰り?って聞かれて、そうですって答えたの」
「そうしたら、何かついているよって来て、スカートをめくってお尻を触ったの」
「辞めてください!って大きな声を出して、手をパチンとやって……」
「いいから、いいから。こっちにおいで。何かついているよっていうの」
「怖くなったから走って逃げて来た」

 ここまで聞いた私は、娘に「家にいて! 鍵をかけて!」と叫び、すぐさま玄関を飛び出した。娘がいう場所には、誰もいない。マンションの敷地と、それぞれの階段、道路の果てまで見たけれど、誰もいない。すぐに家へ戻り、学校へ連絡した。

応対した副校長先生は「とにかくすぐ、警察へ電話してください。パトカーがたくさん来ます。娘さんはショックだろうから、警察にはお母さんからお話をしてください」という。指示に従い、すぐに110番通報。電話に出た警察官は、事細かに事情を聞き「娘さんと話せますか?」といった。

電話をしている最中、抱きしめていた娘は思った以上に落ち着いていた。「おまわりさんが話したいっていうんだけど、どうする?」と聞くと「いいよ。お話する」と答えた。

やや戸惑いながらも娘は、警察官の質問にしっかりと答えていた。犯人の人着(人相・着衣)、逃げた方向、自転車か自動車か歩きか、腕をつかまれたりはしなかったか……。

「そろそろ、警察官が到着するころです。電話を切ってお待ちください」

そういわれて、電話を切ったとたん、玄関のチャイムが鳴った。てっきり警察官だと思いながら、ドアを開けると娘の担任の先生が立っていた。肩をはずませ、息を切らせている。娘の担任はまだ20代の、若くて元気な男の先生だ。学校からあわてて走ってきてくれたらしく、先生の顔を見て娘もホッとしているのがよくわかる。

「大丈夫ですか!」

 いま、警察へ通報したところです……と答えてすぐ、派出所から来たらしい警察官が玄関へ現れた。そして、間もなくパトカーが続々と到着。副校長先生も駆けつけてくれた。

「大きな声を出して逃げたんだって? えらかったね」
「怖かったね。落ち着いて逃げることができたんだね。えらかったよ」

担任の先生も副校長先生も、とにかく娘をほめちぎった。大げさなほどにほめてほめて、親としては少し照れくさいほど。でも、こうした先生方の対応が、のちに娘の心に大きく影響を与える。

生活安全課の刑事さんたちが、何台もの覆面パトカーで駆けつけた。車内で保護者立ち会いのもと、事情聴取を行なう。別々の刑事さんが、入れ替わり立ち代わりパトカーに乗り込んできて、何度も同じことを聞く。

「その人の特徴は?」「どっちに逃げた?」「他に何かされた?」「どこにいたの?」「どんな服を着ていた?」「身長は?」「年齢はどのぐらい?」「メガネはかけていた?」「どっちに逃げたかわかんないかなあ?」

 私自身、痴漢を現行犯逮捕をし、事情聴取を受けたことがあるので、こういうもんだとはわかっているが、あまりに同じことばかりを聞くので、イライラがつのる。

「それはさっきから何度も答えています」
「だから! 娘が逃げてきたんだから、その後のことはわかりませんって答えているでしょう?」
「通報時に電話でも伝えています」

 娘の訴えが間違いでないか、虚言ではないか、記憶違いではないのかを確認する必要があるのはわかるが、嫌な記憶を掘り返されるのは、気持ちのいいものではない。性犯罪にあった成人女性が警察へ行くのをためらう、ということを耳にするが、それも当たり前だと感じる。我慢の限界(娘ではなく、私の)が近づきつつあるころ、刑事さんのひとりが私だけを車外に連れ出し、小声でこう耳打ちした。

「お尻を触られたといっていますが、おかあさん。いちおう、念のため、ご自宅に1度戻り、娘さんの体をチェックしてください」

 予想外のことに愕然とする。そうか、確かにそうだ。娘ぐらいの年齢では、まだ何をされたのかもわからずにいることも多い。まさか……!

 あわてて娘を連れ帰り、女性の刑事さんとともにスカートや下着、体のチェックをする。娘は「お尻をペロッと触られただけだよ〜」と笑っている。たまたま、スボンとスカートが一体化した、いわゆる「パンツインスカート」というものを履いていたため、下着を触られたり、直接体を触られたわけではなかった。それでも、刑事さんに耳打ちされるまで、そんなことを考えもしていなかった自分にあきれかえる。

どうやら、犯人は集団下校の列の後ろから自転車でついていき、娘がみんなと別れてマンション敷地内に入るのを確認し、追いかけてきたらしい。そして、自転車を止め、さも来訪者のような顔をして声をかけてきたのだ。

入学直前、我が家では何度も子どもを狙った犯罪について、親子で話し合っていた。知らない人に声をかけられても、付いて行かないこと。話しかけられても、できるだけ離れていること。嫌なことをされたらすぐに大きな声を出すこと。変だと思ったらすぐに逃げること。たとえ、顔見知りでもパパのクルマ以外は乗っては行けないこと……。

こうした話をしていたこともあり、娘は逃げることができた。そして、先生方が真っ先にほめてくれたことで、事件当初は「怖かった」だけの気持ちが、すぐに「自分は大きな声を出せたのがえらかったんだ」と気持ちを切り替えられたことも幸いした。あれから数日……。娘は元気に学校へ行き、私と夫は交代でマンション前に立って登下校の見守りをしている。今度もし、犯人を見つけたらタダではすまさない。私たちの娘に怖い思いをさせたことを、一生後悔するほどの恐怖を味あわせてやろう。

追記・ほんの少し尻を触られた程度で、何を大騒ぎしているのかと思う方もいるかもしれない。確かに被害届を出すまでもない事件であろう。しかし、こうした犯罪はいずれエスカレートし、再犯を重ねるケースも見逃せない(日本では犯罪者の追跡調査をしておらず、正確な再犯率のデータは公表されていない)。

数年前ならいざしらず、現在は満員電車で「尻を触っただけ」でも、迷惑防止条例での検挙、もしくは強制わいせつの現行犯で逮捕される時代だ。特に子どもを狙った犯罪は年々、増えており、保護者の意識(この程度で大騒ぎをするなんてという、犯罪の見逃し)改革も必要と思われる。事実、事情聴取のときに話をした刑事さんは「このぐらいで通報するなんてと戸惑う人が多い。しかし、通報をする、パトカーが駆けつけるという行為だけでも、犯罪者にとっては嫌なもの。犯罪抑止のためにも、ささいなことでも通報してほしい」と話している。

参考リンク

子ども対象・暴力的性犯罪への再犯防止策について

子どもの安全 :警視庁


|

« ケツセレブ | トップページ | ブラ跡 »

「娘ネタ」カテゴリの記事

コメント

お嬢さん、怖い思いをなさったのですね。
我が家も娘がおりますし、今までにも登下校の際に色々な出来事がありましたから、人事とは思えません。その時の娘さんの気持ちを考えると、胸が苦しくなります。

それにしても、お嬢さん、大声を出せたのは本当に偉かったですね。大人に何かされた場合、怖かったり、あるいはどうしていいか分からなくなってしまうことが多いようですから。きっとporonさんとの日頃の会話がものをいったのでしょう。

それにしても・・この手の話のなんと多いことでしょう。以前はニュースの話だったのが、身近な友人や知り合いの身、そして自分自身にも起きかねない出来事になってきています。本当に、怖いです。

投稿: Kako | 2007.04.29 21:23

こんばんは

遅くに帰宅して、記事を拝見してビックリしました。
でも、お嬢さん、しっかりしてますね。

最近おきた特急電車の中で若い女性が暴行された事件でも、例えどんなに怖くとも、声を出さなければどうにもならないだろうに、と思っていたので、余計にお嬢さんの賢さが際立って思われます。

「騒ぐと殺す」は「騒がないでくれ」なのですから、間髪いれずに大声を出すのが一番ですね。

ホント、お嬢さんは偉い、と思いました。

ですが・・・、この男が、警察より先にporonさんに見つからないことを祈りたいですね。

投稿: poohpapa | 2007.04.29 22:49

何と言っていいのかわかりませんが、
私自身も本当に悔しくて悔しくて。
幼い子供になんてことするのか。
私、こういう人、死刑でも反対しません。
とにかく捕まえてくれ、警察の人!

投稿: O氏 | 2007.04.30 00:06

みなさんも言われていますが、小さな子供になんて事を!
と怒り心頭です。
私自身、変質者を呼び寄せる体質なのか
なんどもイヤな思いをしています。
それにしても、学校の先生の迅速な対応と娘さんへの心遣い?
すばらしいですね。
教員のセクハラや諸々の事件・報道が相次ぐ中
いい先生に恵まれた娘さんは幸せだなぁと感じました。

投稿: inunco | 2007.04.30 15:23

hayamanekoは、私です

逃げた娘さんに拍手喝さい!
良かったですねー、冷静な判断ができて。
本当に良かった。!!!

この記事を読んだ時に、ある事が鮮明に甦りました。
こちらのコメントに書こうと思ったのですが、自分のマス○ー○ーションの様な気がしたので自分の所に書きました。○| ̄|_
ぐちゃぐちゃと書いていますが、最後の3行だけです。意味のありそうな箇所は^^;

投稿: 葉山猫 | 2007.05.01 14:12

んー。いつの間にか、わが街も物騒な場所になってしまいましたねー。情けないことだけれど・・・・
親としては子どもに対してキッチリ対応を教えなければいけなくなってきてますね。確実に。
しかし、まずは大事に至らずよかったです。
意外に子どもは柔軟でタフな生き物。お母さんがしっかりケアしてくれたから娘さんも大丈夫だよね?
オトナが子どもを守るというあたりまえのことが出来なくなるって・・・どういうことなんでしょう。。。
地域での子どもの「見守り活動」が、例えば警察や自治体主導で作られているけど、学校・保護者が主体になっているものはあまり聞いたことがないですね。少し気になっています。ワタクシが知らないだけで、存在しているのかな?わからないけど・・・。学童保育利用者などを含め、学校と保護者が連携しやすい「見守りネットワーク」みたいなものが出来るといいのに・・・。と思いました。
ハイ。

投稿: あおぞら | 2007.05.02 16:21

許せない!
我が家の下の娘も来年は小学校。
poronさんの家を見習って、
今のうちから家族会議で話しあっておきます。

学校や警察の対応って思っていた以上に良いんですね。
ちょっと安心しました。

おいらが住んでいる杉並区では平日は毎日、
杉並区の危機管理課から携帯メールで「空き巣、ひったくり情報」
が届きます。
その他「子ども見守り情報」が不定期で届きます。
なんとか町で下校途中の児童に声を掛ける事案が発生!
だとか、児童の写真を撮っている不振者がいた!
などの情報がほぼ毎日携帯に送信されてきます。

わかっている範囲で不審者の特徴や着衣の情報もきますんで、家の近所だった場合は不審者がいないか気にしてます。

小金井市でもこのようなメーリングがあると保護者や学校、警察等と連携がしやすくなるのでは?

小金井市だと金が無いとか言われそうですけど。。。

行政が動かないなら有志で子ども見守りメーリングを作ってみるとかどうですか?

投稿: しげちん | 2007.05.07 10:59

はじめましてわくわく日記の惑といいます。この記事を読み二つ下の「娘へ」の記事の写真にドキッとしました。毎日通う通学路、見る人が見ればどこの場所かがわかり、水色のランドセルもかなり目立ちます。可愛くまとめた髪飾り。
まさかとは思いますがいやな事件も多く、テレビの取材でも個人宅がわからないように周りをぼかしたりして放送している場合もあります。
お気をつけください。老婆心ながらひとことでした。

投稿: | 2007.05.09 07:52

■kakoさん

私の子ども時代にもこういう事件はありましたが、最近は特に多いような気がします。知らない人とは話してはいけない、知っている人でもクルマに乗ってはいけない……なんて、教えないといけないのですから。娘はケロリとしていて、大人の心配をよそに元気です。ご心配いただき、ありがとうございました。

■poohpapaさん

ご心配いただき、ありがとうございました。まだ私が若くてかわいい(!)ころ、ほぼ毎日、通勤電車で痴漢に会っていました。そのうち、ホームで電車を待っているだけで「あ、こいつ怪しい」と見分けられるほどになりました。自分で戦う(捕まえる、反撃するなど)か、声を出すしかないんですよね。今後も娘には、年齢にあった自己防衛の方法を教えていきたいと思います。

■O氏
「パトロールを増やします」といっていた警察でしたが、翌日から1週間、一年生の下校時間に警察官を見かけることはありませんでした。こっちは朝、一年生の下校時間、学童の降所時間に見回っているというのに! 一週間後、夫が警察署に電話して「パトカーも警察官も見ない。どうなっているんじゃ!」とクレーム。その翌日から毎日パトロールしてくれています。

■inuncoさん

先日はありがとう。楽しかったです! 痴漢などの性犯罪者って「声を出さないような、おとなしそうな女性」を狙っているんですよ。ところがどっこい、反撃されたりするんですけどね(笑)。見た目おっとりのinuncoさんも、ぜひ「思っていたのと違う」と後悔させてやりましょう。

■葉山猫さん

コメントを頂いてすぐ、blogを拝見していました。レスポンスが遅くて本当にごめんなさい。あちらにも書き込みしますが、感じたのは葉山猫さんは悪くない、ということ。子どもは決して「そういうこと」に慣れてはいけないのですよ。よくあることだから、なんて我慢するのは問題外。そうやって胸の奥深くに心の傷を閉じ込めていても、いずれ精神的な影響が現れるはず。

■あおぞらさん

PTAなどでそうした活動をしているようですが、PRが少ない上に
協力者も少ないのではないでしょうか? やはり、平日の日中に動ける人は限られているし、特に「うちの子に限って、事件や事故に巻き込まれない。大丈夫」と思っている親御さんも多いと思います。家庭における危機管理対策のあり方を考える必要があるかもしれません。

■しげちんさん

小金井にも警察署から配信している「小金井安全・安心サポートニュース」があります。空き巣や子どもへの犯罪など、市内で起きた事件事例をパソコンや携帯に配信するものです。我が家は娘のことがあってすぐ登録しました。

小金井市ホームページ内参照
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/soumubu/bousaikoutsuuka/faq/bousaisyoubou/index.html

小金井警察署の生活安全課防犯係に電話すると、FAXに登録用紙を送ってくれます。それにメールアドレスや氏名などを書き、FAXで返送すれば、手続きをしてくれるそうです。

■惑さん

ご心配いただき、ありがとうございます。写真を掲載するとき、私も考えましたが、通学路ばないこと、同色のランドセルを持っている子が複数いること、すでに髪型を変えていることなどから、掲載することにしました。また、すでにこのblogではさまざまな地域ネタを提供しており、私自身の身元も探そうと思えば、わかるような状態です。逆に「我が家は犯罪を許さない。娘に手を出したらタダでは済まさない」という強いメッセージを発信する、という意味合いもあります。ただ、こんなご時世ですから、十分に注意していきたいと思います。お心遣い、本当にありがとうございました。

投稿: poron | 2007.05.12 17:54

ご無沙汰しております。
最初はネタかと思って読んでいたら、事実であることに驚きました。
ちょっと長くなってしまいましたが、参考になればと思い、コメントさせていただきます。

近年は地方でも集合住宅が増え、マンションやアパートの隣は「どんな人誰が住んでいるかわからない」という状況が多分に見られると感じています。

僕の親父などは「マンションなんか住もう、買おうという人の気が知れん。どんなやつが住んでいる、来るかもわからんのに・・・」と常々発言しております。

実際問題として「集合住宅に住まない」という選択は難しいですから、それらを踏まえたうえでの予防策を考えなければならないと思います。

地方の話ですが、昔は月に一度ぐらいは地域の公民館など、地域住民が定期的に集まってなんらかのイベントを行っていたものです。そのおかげで地域の人たちの「顔」を住民同士が知っていたんですね。

だから見慣れない人を見かけると、

「あんた見かけん人やけど、この辺になんか用かね?」

と、声をかけていたものだと記憶しています。

今回のような犯罪を予防する方法としては、地域住民がよそ者を監視するような文化を作り上げることが効果があるのではないかと思っています。

怪しい人は、即座に牽制する。これは共同体としては至極当然のことです。

このような犯罪を防止するには、とにもかくにもスピードが命であると思います。危険にさらされてからでは手遅れです。やはり予防が第一ではないかと思います。

どこに誰が住んでいるかが詮索されなくなってしまった、無関心度が高い時代。今一度、地域の治安のあり方、共同体の生活、コミュニケーションの取り方を、見つめなおす時期なのではないかと思いました。


ちなみに僕は引越し後、すぐ隣へ挨拶に行きました。老夫婦っぽい方が住んでいて、GW中にお隣さんから「お土産」をいただきました(笑。

たとえ付き合う気がなくても、引越しの挨拶は重要ですね。

投稿: コロラド | 2007.05.12 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケツセレブ | トップページ | ブラ跡 »