« くも膜下出血 | トップページ | おかげさまで »

冬の怪談

 くも膜下出血で倒れた母は、10日以上たっても意識がはっきりせず、ときおり呼びかけにうなづいたり、手をにぎる程度の反応。脳へのダメージはしばらく経ってみないとわからないし、今はどうすることもできない。

 病院へ行き、ベッドのかたわらで胃が痛むような時間を過ごす私に、しのびよる影が……。

「あの……、申し訳ありません。10月の請求書なんですが……」

 手に紙を持った、看護師長さん。何だかとっても言いづらそうに話を始めた。

「3日分の請求です。自己負担額が……こちらなんですが」

 総医療費が約430万、自己負担3割で130万円超!

 不謹慎な話だが、SCU(脳卒中の集中治療室)で脳梗塞を起こしそうなほどビックリした。だって、3日分だもの!

 命の値段というわけじゃないが、3日間で手術を3回やると430万もかかるんだあ。すげえな……と、請求書に見とれてしまった。請求書から目が離せなくなったのは、生まれて初めての経験だ。

 たとえ自己負担額130万円を支払っても、限度額以上は高額療養費の払い戻しができることは知っているし、父の蓄えで支払えないわけではないが、還付されるのは4ヵ月後。それまでは毎月ごとの請求を支払い続ける必要がある。

 すぐさま市役所にすっ飛んでいき、あれこれと事情を話し、限度額適用認定証の交付申請を行ない、病院の会計で手続きをおこない、請求金額の再計算をしてもらった。

 これは平成19年にできた制度で、あらかじめ自己負担限度額の認定を受けておけば、それ以上の支払いをせずに済むというもの。入院が長引きそうなときや、今回のように緊急手術を行なったときなどは、請求金額がものすごいことになる場合があるので、早めに手続きしておくといい。絶対にいい。確実にオススメする。

 母が倒れて血の気が引き、請求書で背筋が凍る……。まだまだ、気が抜けませんよ。

|

« くも膜下出血 | トップページ | おかげさまで »

「家族ネタ」カテゴリの記事

コメント

そういう制度があるのですか。今のところ必要な状況はないですが、覚えておこうと思います。そもそもは後で返すなんてしないで、はなから払わなくていいようにしてくれたらいいのに、この国はどこまでいっても申請主義。
長引きそうですので、ご自身のお体もお大事にしてくださいませ。

投稿: ムムリク | 2010.11.10 10:31

数年ぶりの書込みで、ご無沙汰しております。
お母さん大変ですね、周りの家族はもっと大変と思いますが頑張って下さい。

公的制度は知ってて申請しないと・・・って法の下の平等ってことで「権利の上に眠る者は保護に値しない」って諺があるくらいなのですが、なんだか「ちゃんと公知してんのかよ」と疑いたくなることばかりですね。

実は、1年10ヶ月くらい前に小金井市に移住しまして、市役所は古い建物と新しい建物とどっち行ったらいいんだと迷ったことがあります。

投稿: 株トムシ | 2010.11.21 22:56

◆株トムシさん

御返事が遅くなり、すみません。
おひさしぶりです。お元気そうで何よりです。
小金井市に越していたんですね!
武蔵野市と比べると住民サービスが格段に悪いですが、
緑だけはたくさんあり、のんびり暮らせるのがいいところです。

■ムムリクさん

御返事が遅くなり、すみません。
高額療養費の限度額適用認定は一度、申請すると
あとは年1の更新らしいです。
緊急入院したら、まずは申請!
そのぐらい、あるのとないのじゃ違いますよ。

投稿: poron | 2011.01.13 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« くも膜下出血 | トップページ | おかげさまで »