« 冬の怪談 | トップページ | 嵐のような日々 »

おかげさまで

 グレード5のくも膜下出血で倒れた母は、2カ月以上も意識混濁の状態で武蔵野赤十字病院へ入院し、新年早々に回復期リハビリテーション病院へ転院。意識障害や片麻痺、嚥下(飲み込み)障害、半側空間無視(左側にあるものを認識できない)といった後遺症のほか、2カ月以上の寝たきり状態での筋力低下があるものの、少しずつリハビリの効果が見えてきた……といったところだ。ご心配いただき、ありがとうございました。

 気管送管をずっとしていたので、声がほとんど出ず、意識障害もひどい状態だったが、リハビリ病院へ移ってからは、だいぶコミュニュケーションが取れるようになってきた。意識障害も少しずつ改善しているようだ。最近では会話のうち、8割はつじつまの合う内容だが、残りの2割が突飛すぎる。スゲー、突飛。

ある日は……
母「●●(夫の名前)はどこに野宿しているの?」
夫(お母さん、ボク、野宿はしていませんよ〜。寒いからね)

またある日は……
母「コンサートは? ほら、照明の」
私「照明?」
母「そう、ライティングの照明!」
私「( ゚д゚)ポカーン」

またある日は……
母「●●●●(弟の元カノの名前)じゃ、やっぱりダメだねえ」
私「(そ、その名前は禁句でしょ!しかも意味不明だし!)」

 あまりにも突飛なので、しばしポカーンとした後に大笑い。死ぬか生きるか、悲壮感に包まれていたあの頃から比べると、まったくもって楽しすぎる。

 さて、話題は変わるが、2007年に行われたアダルトトレジャーエキスポ(ATE)で、イベント企画会社からの依頼で撮影を引き受けたものの、イベント開催直後にオーナー&社長が夜逃げして、撮影料を取りっぱぐれたことがあった。

参考記事/転んでも……

 ついさっき、このイベント企画会社のオーナー&社長が昨年9月に逮捕されたという記事を見つけた。夜逃げ直後、渋谷警察で告訴状が受理されたという話は聞いていたが、札幌にトンヅラした挙げ句に捕まっていたらしい。ちなみに社長の杉下英樹は、時代劇フィギュアで有名だったアルフレックスの造型師、役員の間庭登志子は杉下の恋人で、トレジャーワークスを設立する際に金を出したという話を聞いている。

トレジャーワークス元社長逮捕

「トレジャーワークス」元社長逮捕

  渋谷署は、イベント会社「㈱トレジャーワークス」(本店 渋谷区東1-22-11)の元社長、杉下英樹容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

  同署によると、平成19年8月下旬ごろ、取引先企業の男性部長に「イベント開催で3億円程度の入金が確実。入金があり次第返済するので1億円を貸して欲しい」と虚偽の説明をして同9月上旬ごろ、同社から約1億円を詐取したという。

  経理部長には、イベント開催の売上額を数十倍に水増しした虚偽の売上報告書を見せて信用させていたという。

  杉下容疑者は容疑を否認しているという。

  同社は、平成17年3月設立、資本金1,000万円。

アダルトイベント開催費名目で1億円詐取容疑 男女逮捕

2010.9.28 12:48

 アダルト向けイベントの開催費名目に約1億円をだまし取ったとして、警視庁渋谷署は詐欺の疑いで、札幌市豊平区西岡、元イベント企画会社役員、間庭登志子(47)と、同居する同、杉下英樹(48)の両容疑者を逮捕した。同署によると、間庭容疑者は容疑を認め、杉下容疑者は犯意を否認している。

 同署の調べによると、間庭容疑者らは渋谷区内の取引先企業に「予想以上にイベントの開催費用がかかったので1億円貸してほしい。3億円の入金が確実になったので必ず返せる」などとうそをつき、平成19年9月上旬ごろ、約1億円を振り込ませて詐取した疑いが持たれている。 

 このイベントは19年7月に千葉県の幕張メッセで開かれた「アダルトトレジャーエキスポ2007」で、場内ではアダルトグッズの展示や販売などが行われた。2人は取引先に売上金額を数十倍にした虚偽の売り上げ報告書を提示し、信頼させていたという。

 同署は19年10月26日に取引先から告訴状を受理し、捜査していた。

|

« 冬の怪談 | トップページ | 嵐のような日々 »

「仕事ネタ」カテゴリの記事

「家族ネタ」カテゴリの記事

コメント

よかったですねえ。笑えるくらいの余裕がでてきたのが、なによりです。
そういえば、そんな事件もありましたね。そして確かに昨年そんな逮捕報道を見た記憶も。なるほど、そんなつながりがあったとは!
少しでも回収できるとよいですが。

投稿: ムムリク | 2011.01.13 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の怪談 | トップページ | 嵐のような日々 »