« おかげさまで | トップページ

嵐のような日々

 前回の記事からあっという間に4カ月……。生きてます、私(笑)。

 もうね、どうにもこうにも毎日がバッタバタで、ホントに早い。くも膜下出血で倒れた母は武蔵野赤十字病院で2カ月、リハビリテーション病院で5カ月を過ごし、今月中旬に老人保健施設(通称・老健。介護保険を利用した、自宅復帰のためのリハビリ施設)に移った。

 なにせ片麻痺、記憶障害、見当識障害(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況把握ができない)、要介護度4という状態。介助量が多いため、すんなり受け入れてくれる施設も少なく、それはそれは大変な施設探しであった。

 とはいえ、どこでもいいから!というワケにもいかないので、仕事で鍛えた取材力をフル活用。近隣4市の老健9施設をすべてまわり、話を聞き、探りを入れ、資料を集め、ようやく納得できる老健への入所にこじつけた。

 それと同時進行で自分と家族の確定申告、保険会社への給付金請求、役所関連の手続き、福祉タクシーの利用契約、見舞客の対応、母への面会が荒波のように押しよせ、ヒーヒーいいながら過ごす毎日。もう、クッタクタだよ。

 それでもがんばれるのは母の回復力。「良くて植物状態」と断言されながらも、リハビリをがんばったおかげで左手の麻痺はずいぶんと回復し、茶碗を持って食事できるまでになった。また、ピックアップ歩行器を使い、院内を歩くこともできるように。支離滅裂な話も多いが、冗談をいったり、顔見知りのスタッフをからかうほど元気になっている。ホントにドクター、看護士さん、介護士さん、療法士さんたちには感謝、感謝の気持ちでいっぱいだ。

 忙しいといっても仕事をしていなくては食べていけないので、Wワークは継続中。先日、依頼のあった本業の案件は受けるべきか(受けていいべきか)悩ましい内容だったが、結局引き受けることに。

担当「男性向けのメールを書いてほしいんですが」
私 「それって出会い系とかじゃないよね(笑)」
担当「違いますよ。大手健康関連企業のメールサービス!」
私 「女性からの男性へのメールって設定?」
担当「そうです。ヤル気を引き出すわけです」
私 「どんな女性からのメールにすんの?」
担当「20代のさやわか系」
私 「あのさ、私44歳なんだけど」
担当「そんなの知ってますよ!別にライターの写真出すわけじゃないし」
私 「方向性を間違えると熟女倶楽部のメールに……」
担当「なりません!(キッパリ)」

 熟女倶楽部にならないよう、がんばります。

|

« おかげさまで | トップページ

「仕事ネタ」カテゴリの記事

「家族ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おかげさまで | トップページ